使うシーンに合わせたバックパックの選び方とおすすめのブランドを紹介!

バックパック

アウトドアアクティビティやスポーツシーンはもちろん、タウンユースでも便利なバックパック。でも、種類が多すぎて、どれを選べばいいかわかりにくい。「どんなタイプがあるの?」「どうやって選べばいい?」「あのブランドのバックパックの特徴は?」などなど、そんないくつもの疑問にお答えしましょう!

バックパックの特徴

バックパックという呼び名は、今ではポピュラーになりましたが、昔はザック、あるいはリュックといったほうが、通りが良かったものです。ナイロンの袋に紐が付いただけ、という風情のシンプルなバックパックは、通常「ナップサック」と呼ばれています。

ザック、リュック(リュックサック)、ナップサックと、呼び名はいろいろありますが、どれも分類上は「バックパック」です。というのも、バックパックとは背中(バック)で運ぶ袋(パック)を指す言葉。ショルダーハーネスに両肩を通して背負うタイプのバッグは、すべてバックパックの仲間なのです。

両手が自由になるのが最大の利点

バックパックの利点は、両手が空いて自由になることです。トレッキングをはじめ、スキー、スノーボードなどで愛用者が多いのは、ここに一番の理由があります。

両手が自由になるという点では、ショルダーバッグもウエストバッグも同様。ですが、ショルダーバッグは身体にフィットせず、ウエストバッグは容量に限界があります。ある程度の大きさ、重量の荷物を持ってアクティブに行動するには、バックパックがベスト、というわけですね。

バックパック選びのポイント

バックパックとひと口にいっても、本格的な登山を意識したものからランニングなどのスポーツ用、そしてタウンユースとタイプはさまざま。使うシーンに応じて選ぶ必要があります。

丈夫さ(強度や耐久性)でいえば、登山用が一番。ですが、本格的な登山用バックパックには、ノートパソコン専用のスリーブなどは付いていません。反面、スポーツ用のバックパックは、軽いトレッキング程度なら対応できるとはいえ、背負った時の快適性や生地の防水性などは登山用にはかないません。

まずはどんなシーンで使うのかを明確にすることが、バックパック選び最大のポイントだといえるでしょう。

最大のポイントは容量(大きさ)!

使うシーンと、それにあったタイプが決まったら、次は容量です。

トレッキング用の場合、日帰りなら25リットル前後、1泊小屋泊まりなら35リットル前後、テントや寝袋を持っていくなら40リットル以上が目安といわれています。ただし、寒い時期なら防寒具で荷物が膨れ上がりますし、遊び道具を持っていくなら、その分の容量もプラスして考えなければなりません。それらを考え合わせると、アウトドアで使う最初のバックパックとしては、容量30リットル前後のものがおすすめです。スポーツ用やタウンユースとしても、使いどころの多いサイズといえるでしょう。

ただ、容量だけで決められない面もあります。たとえばスポーツ用なら、そのスポーツに使うシューズやボールが入るかどうか。特定のスポーツを意識したバックパックには、専用のコンパートメント(収納場所)を備えたモデルもあります。

タウンユースのバックパックは、一般的には容量20リットル前後あれば十分といえます。ただし、自分が使っているノートパソコンなどが収納できるかどうかも、重要なチェックポイント。容量だけでなく、寸法(高さと幅)が十分かどうか確認しましょう。

生地の素材が耐久性や耐候性を左右する?

バックパックに使われる生地は、ナイロンやポリエステルが一般的。タウンユースのもののなかには、コットンや合成皮革などを使ったものもあり、ファッション性にこだわる人には選択肢になりえますが、重量や防水性、耐摩耗性などをトータルに考えると、ナイロン・ポリエステルがおすすめです。

ただし、ナイロンやポリエステルならどれも同じというわけではありません。生地を構成する繊維の太さ(番手)や織り方、防水加工の有無などによって、防水性や耐久性などは大きく変わってきます。基本的には繊維が太いほど、そして織りが密であるほど丈夫な生地になると考えていいのですが、繊維の質にも左右されるので、一概にはいえません。また、格子状にナイロン糸を織り込むことで、軽さと強度を両立させた「リップストップナイロン」をはじめ、生地の構造で強度を高めることも可能です。加えて、擦れやすい部分の生地を二重にするなどしてバックパック自体の強度や耐久性を高めているものもあります。

なお、本格的なクライミングなど、ハードな使用を想定したバックパックのなかには、非常に強度の高いケブラー繊維でできた生地を使ったものもあります。強度の点では文句の言いようがないですが、反面、高価であるのが普通です。

こうして見ていくと、素材だけで強度や耐久性を測るのは、少し無理があるといえそうです。実際、生地の耐久性が高くても、ファスナーやバックルなどのパーツが壊れて寿命を迎えてしまうことも多いのです。登山などのアウトドア用にせよ、スポーツ、タウンユースのものにせよ、信頼できるメーカーの商品を選ぶことが、長持ちするバックパック選びの方法といえるでしょう。

なお、防水性については、信頼できるメーカーのバックパックでも、商品ごとに差があるのが普通です。アウトドアで使用するものとタウンユースでは、求められる耐候性が違うからです。ですが、たとえタウンユースでも防水性が高いに越したことはありません。どのような防水加工がなされているのか、生地に撥水処理されているかなどは、よくチェックしておきましょう。

バックパックの作り(構造)をチェック!

バックパックの作りは、メインコンパートメントへのアクセス方法で大きくふたつに分けられます。ひとつは上部からものを出し入れする「トップローディング」。もうひとつはフロントパネルを開いて出し入れする「フロントローディング」です。

登山用のバックパックは、ほぼすべてがトップローディングです。なぜなら、構造的に強度や耐候性(雨水などが侵入しにくい)を確保しやすく、軽量にすることが可能だからです。

一方、スポーツ用やタウンユースのバックパックでは、フロントローディングが多く見られます。ファスナーでフロントパネルを大きく開閉できるので、荷物の出し入れのしやすさはトップローディングよりも上。また、ファスナーのタブに小さな南京錠を付けやすいことから、セキュリティ上も有利という見方ができます。

ただし、フロントローディングではファスナーの作りをよくチェックする必要があります。ファスナーが壊れてしまうと、バックパックとしての機能がほぼ完全に失われてしまうからです。ファスナーは、たとえ品質の良いものであっても、泥などが入り込んで壊れることがありえます。登山用のバックパックにトップローディングが多い理由のひとつに、このリスクを排除することが挙げられます。

また、防水性を確保する上でも、ファスナーの存在はマイナス要因になりがちです。防水ファスナーを採用していればいいのですが、普通のファスナーの場合、いくら生地に防水加工を施しても、ファスナー部分から水が侵入してしまうからです。

もっとも、スポーツ用・タウンユースであれば、ここまでシビアに考える必要はないでしょう。それでも、すぐ壊れてしまう粗悪なファスナーが付いたバックパックは、避けたほうが賢いといえます。

ほかにチェックするポイントとして挙げられるのは、小物を収納するポケットや、ノートパソコン用のスリーブなどの有無と使い勝手。ポケット類は、小さなポケットがたくさんあるほうがいいのか、大きなポケットがひとつふたつあるほうがいいのか、使う人の好みの問題もあるでしょう。自分の使い方をイメージして、理想に近いバックパックを探しましょう。

ノートパソコン用のスリーブは、タウンユースのバックパックの多くに見られる機能です。ノートパソコンを常に持ち歩く人は、最初からクッション材が入っているものがおすすめです。もちろん、先述の通り、スリーブに自分のノートパソコンが収納できるかどうかも確認しておきましょう。

バックパックの注目ブランド

それではここからは、アウトドア系、スポーツ系とシーンを分けて、それぞれで注目のブランドとその代表商品などについてご紹介したいと思います。

ノースフェイス

1966年にアメリカで創業したアウトドアメーカー。現在はテントや寝袋などの本格的なアウトドア用品から、スポーツアパレルまで取り扱っています。

BCヒューズボックス2

トップローディングタイプといえばコレ!というくらいの人気を博した「ヒューズボックス」のリニューアルモデル。多彩なカラーラインナップも魅力。容量も30リットルあります。

カリマー

1946年、イギリスでサイクルバッグメーカーとして創業し、1957年から本格的にバックパックの生産をはじめた超老舗のメーカー。バックパック以外に、ショルダーバッグやポーチなども人気です。

セクター25

上下2気室構造を備えたフロントローディングタイプの小型バックパック。バックパネルとショルダーハーネスには、通気性の高いメッシュを採用。容量25リットル。

グレゴリー(グレゴリー・マウンテン・プロダクツ)

1970年に作られた、インナーフレーム式の「グレゴリー・パック」で一躍有名になったアメリカのメーカー。機能性と品質に高い評価が与えられています。

グレゴリー ファインデイ 776571041

スタイリッシュで小ぶりの設計は、小柄な女性にも違和感なくフィットするバックパック。容量16リットル。

アウトドアプロダクツ

1973年創業の、アメリカのブランド。現在に至るまで「アウトドア好きのための日用品」をコンセプトに、さまざまなオリジナル商品を作り続けています。

モダンネイティブルーフ デイパック

大容量フラップ&ジッパー収納口が特徴的なのスクエアタイプで、メインルームに通じるサイドジッパー付きなので中の荷物のスムーズな出し入れが可能です。パッド入りPC収納スペースも備えておりノートパソコンやタブレットも安心に収納できます。背中部分はメッシュ素材になっている為、長時間背負っても蒸れにくくなっています

コロンビア(コロンビア・スポーツウェア)

アウトドア・アパレルのメーカーとして1960年にスタートしたアメリカのブランド。バックパックのほかに、ウェア、シューズなどのラインナップも豊富。

コロンビア ( Columbia ) キャッスルロック20 PU8185

デイリーユースからアウトドアまで幅広く使えるバックパック。雨天にも嬉しいレインカバー付き。容量20リットル。

コールマン

キャンプ道具のメーカーとして、日本でもポピュラーな存在のコールマンは、1900年アメリカで創業。日常使いや軽いハイキングなどに適したバックパックがラインナップされています。

アトラスロールトップ33

本体上部を折りたたんでバックルで留めるロールトップ式で、収納量の融通がききやすい。容量33リットル。

チャムス

カジュアルアウトドア用品を数多く展開。ポップな見た目でファッション性が高く、アウターなどはタウンユースで活用されることも多いです。

クラシック スウェットナイロン デイパック

チャムスのリュックの代名詞とも言えるバックパック。ソフトなスウェットをメインに、強度のあるコーデュラナイロンを合わせた人気のシリーズ。ユニセックスで使いやすいサイズ感で、通勤通学用としてもお薦め。小物の整理に便利なフロントポケットと、内側にもポケットを装備。チャムスらしいカラフルな色使いに、豚鼻がアクセント。

ハイシェラ

日本ではまだあまりなじみのないものの、北米では学生のキャンバスでの使用が多い、1978年創業のアメリカ・シカゴのアウトドアバック専門ブランド。日本での展開は2016年とまだ歴史は浅いため、他の人とは違うブランドを探している人におすすめです。

バスコムデイパック

大容量マルチコンパートメントデザインを採用。内部にはPC、タブレットスリープを用意しているほか、フロント部分に大きなポケットを用意するなどデイユース、ビジネスシーンなど持ち運ぶものが多岐にわたる際も便利に使えます。

バートン

スノーボードのトップブランド。ボーダー向きのアパレルが中心ですが、タウンユースやハイキング向きのバックパックもラインナップしています。

デイ ハイカー バックパック

1年中活躍するプロレベルのフィットや機能。ボードキャリーや水分補給システム対応のノートPC収納スペース、ストレッチポケットなども装備。

オークリー

スポーツ用のサングラスやゴーグルで知られるアメリカのメーカー。タウンユースやスポーツシーンに向いたバックパックもリリースしています。

エッセンシャルボックスパック

近年流行りの、トップローディングタイプのバックパック。アイウェアを保護収納できるポケットを装備しているのは、オークリーらしいところ。

DC(DC SHOES)

アメリカのストリート&スポーツブランド。創業以来、現在に至るまで、スケートボード・シューズのブランドとしてスケーターの支持を受けています。

クオンセット

フロントパネルにロゴが大きく入った、トップローディングタイプのバックパック。サイドのメッシュポケットはペットボトルの収納に便利。

ナイキ

いわずと知れた世界的なスポーツ用品ブランド。ランニング、バスケットボール、サッカーなど、各スポーツに合わせたアパレルやバッグ類がラインナップされています。

ヘリテージバックパック

タイムレスなスタイルで、しかも実用的。ヘリテージバックパックはスタイルと機能性を兼ね備えたすっきりなデザイン。 大容量のメインコンパートメントに必要なものを収納できます。肌当たりが柔らかいパッド入りのショルダーストラップで持ち運びが快適です。

アディダス

ナイキと並ぶ、スポーツ用品のトップブランドで、本拠地はドイツ。サッカー日本代表のユニフォームを製作していることでも知られています。

OPS 3.0 バックパック30 AOP ED1788 FYP46

アディダスが誇るトレーニングバッグのOPSシリーズ。30Lの大容量タイプで、ストリートでもスポーツシーンでも活躍。汚れに強い高密度ナイロン素材に、PUコーティングを施し補強している。サイドに出し入れが簡単な隠しポケットとボトルポケット、フロントジップポケット、トップポケットとさらに内側にメッシュポケットを装備。外側からアクセスできるノートPC用コンパートメントとシューズコンパートメントも備えた機能的な作り。

アンダーアーマー

1996年に開発したスポーツ用の高機能アンダーウェアで、一気にその名を知らしめた比較的若いブランド。近年はトレーニングシューズやウェア、バッグなど、多彩なスポーツアイテムをリリースしています。

クールバックパック

タウンユースや各種スポーツに適したバックパック。生地に撥水加工を施し、コンパートメントにはトップとサイドからアクセス可能。

アンブロ

サッカーファンなら誰もが知っている、イギリスのサッカー&ラグビー用品ブランド。サッカーやフットサルの愛好者から大きな支持を受けています。

ラバスポスクエアバッグ

ラバスポ素材使用のバックパック。ボックス型で上部もラバスポ素材使用。内部に小物収納ポケット付。

ニューエラ

MLB(メジャーリーグベースボール)唯一の、公式選手用キャップのオフィシャルサプライヤーである、アメリカのキャップメーカー。アパレルやバッグ類、アクセサリーも充実しています。

ライトパック

タウンユース向けのバックパックとして生まれたライトパック。 ニューエラのバッグコレクションでは珍しく、外側に大きなポケットが配されているカジュアルなルックスですが、ラップトップPCを保護してくれるクッション性の高いインナーポケットを装備するなど機能性は充実しています。メイン収納部に採用された止水ジップは機能面だけでなく、その艶感がデザインアクセントになっています。

ライトパック一覧 ヒマラヤオンラインでこのシリーズを見る

ラックサック

大容量ながら背負いやすさに定評のあるラックサック。サイドジップからメインコンパートメントへ素早くアクセスでき、利便性も抜群です。同じくニューエラから出ているキャップ「59FIFTY」が収納できる専用プロテクターも装備されています。

ROXY

サーフィン&スノーボードブランドとして知られるクイックシルバーが1990年に立ち上げたレディスブランド。近年はタウンユースのアパレルやグッズ、さらに子ども服なども取り扱っています。

ゴーアウト

フロントのロゴをアクセントにした、通学・レジャーともに使えるおしゃれなバックパック。容量たっぷりのメインコンパートメントのみならず、随所に配置されたポケットにも、あらゆるアイテムを機能的に収納できます。

anello

大阪発のバックブランドでSNSでの口コミで人気に火がつき、特に女性から多大な支持を受けています。開閉部がガマ口のような口金タイプでものの出し入れやしやすく、ポケットが豊富で横からも出し入れできるなど、小さなお子様連れのママからは高い支持を受けています。

クラシック口金リュック

よりカジュアルに、より幅広い年代に向けてのanello GRANDEが登場。anelloの定番口金リュックのレギュラーサイズです。質感の良いクラシック杢調ポリエステルを使用したシリーズで、上品な雰囲気に仕上げました。シンプルで落ち着いた雰囲気のカラー展開が魅力。

MARVEL

ニューヨークに本社を置く、言わずと知れた世界規模の漫画出版社。おなじみのロゴを配したさまざまなバックパックも展開している。

スケーターリュック

マーベルのロゴプリントされたスケーターリュック。フロントにマーベルの文字を大きくプリントした目を引くデザイン。普段使いから旅行まで幅広くお使いいただけます。

デサント

大阪に本社を構えるスポーツウェア専門メーカー。バックパックでは再帰反射や多機能ポケットなど機能性の高さが評価されています。

スクエアバックパック

スクエア型の大容量の中身は収納マルチ型ポケットを採用しています。ショルダー部分の付け根をテープ仕様にすることで、身体へのフィット感が向上し重量の負担がかかりにくい設計になっています。

ヒマラヤおすすめのバックパック

コロンビア スウィフトカレントパーク35L PU8414 010

ボックスタイプのバックパック。35Lの大容量です。

ナイキ ブラジリア バックパックXL BA5959-410

大容量にすべてのギアと貴重品を収納。ノートPC用ポケット付きの大容量のメインコンパートメントを装備。パッド入りの後部ストラップと調節可能なショルダーストラップが快適な持ち運びをサポートします。

アンダーアーマー ハッスル 4.0 29.4L トレーニング UNISEX 1342651-010

アンダーアーマーStormテクノロジーを採用し、悪天候にも対応できる撥水加工を施したモデルです。調節可能なHeatGearショルダーストラップで快適な着用感です。

ノースフェイス シャトルデイパック

ビジネスシーンに違和感ないデザインに仕上げ、成型バックパネルと立体的なショルダーハーネスで背負い心地を向上させたバックパック。

チャムス リバーシブルデイパックスウェット バックパック CH60-2696

ひとつで2倍楽しめる、リバーシブルのリュック。手触りの良いソフトなスウェット素材をメインに、裏側には強度の高いナイロンを使用。ショルダーは取外しができ、どちらの面にもフロントポケットとサイドポケットを装備。表裏で雰囲気ががらりと変わるので、その日の気分やスタイルに合わせて2wayで楽しめます。A4サイズが収まる使い勝手の良いサイズ感で、通勤通学用としてもお薦めです。

モンベル ユーティリティー デイパック 1133191

名前の通り、身長の低い子どもに合わせたサイズの小型バックパック。通園・通学からハイキングまで、使うシーンを選ばない。容量18リットル。

ミズノ NXTバックパック30 33JD0000

ミズノのボックス型バックパック。容量約30リットル。

アディダス クラシック オールオーバー プリント バックパック GZT83-FM6896

新しいテイストを加えたカモフラージュ柄で自己主張しながら、機能性とデザイン性を兼ね備えています。バックパネルのエアメッシュとストラップで、持ち運びも快適。汗まみれの姿とは無縁のアイテムです。

オークリー Essential Two Days Pack 4.0 FOS900233-29A

スポーツや旅行などに便利な大容量40Lサイズのバックパック。カラビナなどをフック出来るウェビングテープを部分的に採用したデザイン。ショルダーストラップは「RED CODE」のEVAクッション構造とベンチレーション構造を組み合わせた快適仕様です。

チャンピオン モレロバックパック 22L 6230100-01

チャンピオンのロゴがかわいいバックパック。

コールマン ウォーカー33

コールマンの家族と過ごす週末、仲間とのフィールドワークに最適な大容量のバックパック

まとめ

用途に応じ、スタイルも作りもさまざまなバックパック。まずはどんなシーンで使うのかをイメージすることが大切ですね! その上で、お気に入りのブランドから選ぶのもよし、作りをよくチェックして機能性で選ぶのもよし。ほしいもの選びで悩むのは楽しい作業です。たくさん悩んで、ベストのアイテムをしっかり選びましょう!

関連記事