人気のゴルフウェアブランドを紹介!マナーや着こなしのポイントは?

せっかくゴルフをするならば、おしゃれにも気を使いたいものです。理想的なウェアはファッション的に優れているだけでなく、快適にプレーができるように、機能的にも優れています。

しかし、ゴルフウェアのブランドは複数ある上、ゴルフならではの着こなし方はマナーも気になり、どれを購入すればいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

今回はゴルフウェアの着こなしのポイントや人気のブランドについて紹介します。

ゴルフ場であわてないために覚えておきたいウェアのマナー

「どんなファッションで行けばいいの?」「ブランドは統一したほうがいいの?」など、ゴルフウェアのおしゃれを楽しむ上で、抑えておきたいマナーやコーディネートの基本について解説します。

ゴルフ場であわてないために覚えておきたいウェアのマナー

ゴルフはイギリス発祥の紳士淑女のスポーツです。クラブハウスやコースではさまざまなマナーやルールがあり、伝統のあるゴルフ場では、今でも厳格なドレスコードが設けられています。

基本的なマナー

まず、コースだけではなくクラブハウス内でもウェアに関するマナーが求められます。男性の場合は、ジャケットやスーツ着用で、革靴を履いて入場することが求められることが多いようです。

女性の場合は男性ほどの厳格さを求められることは少ないものの、肌の露出が低い服を着用するのは避けるようにします。

家からゴルフウェアを着ていくのはおすすめできず、到着してから着替えてください。

コースでは男性の場合はポロシャツや襟付き・袖付きのシャツで、ボトムはチノパンや長いパンツがいいでしょう。タートルネックやハイネックは着用しても問題ありません。短パンが可というゴルフ場では、ハイソックスを着用することが求められる場合があります。Tシャツ、タンクトップはNGです。

女性もトップスは男性と同じようにポロシャツや襟付き・袖付きのシャツが好ましく、肌の露出が多い服装はNGとなります。

ただし、ゴルフ場によりマナーは異なるので、先輩ゴルファーにアドバイスを求めたり、ゴルフ場のホームページに記載されているドレスコードをチェックしたりしておいてほうがいいでしょう。さらに、電話で問い合わせをしておけば安心です。

最近はドレスコードに厳しくないゴルフ場も多くなっていますが、やはり事前にウェアに関する情報を集めておくことは大切です。

服装のマナー以外にも、シューズや行動のマナーにも気を付けるようにしましょう。とくにシューズは必ず、ゴルフ場の中と外で履き替えるようにとインフォメーションをしているゴルフ場が多くあります。ゴルフ場にいる全ての人が気持ちよくプレーに集中できるようにするためにもルールを守ることは大切です。

ゴルフウェアのブランドは統一すべき?コーデの基本

ゴルフに必要なものはウェアだけではなく、キャディバッグやバッグ、グローブなどアイテムがたくさんあり、トータルでそろえることができるブランドが豊富にあります。

そこで悩むのが、ブランドを統一すべきかどうかです。

結論から言えばとくにブランドについてのセオリーはなく、組み合わせは自由です。ブランドをそろえるかどうかよりも、考えたいのは全身のテイストに統一感を持たせることです。

ゴルフウェアにはスタイルの傾向が3つあります。
・カジュアル…タウンユースもできそうなスタイル
・スポーティー…機能性や動きやすさを追求したスタイル
・トラッド…伝統的なスタイルをベースとした服装。チェックのパンツなどをコーディネートに加えた「ニュートラッド」スタイルも人気

それぞれのテイストごとにコーディネートをすると、ブランドがバラバラでもおしゃれ感が出ます。

また、スタイルだけではなくカラーの組み合わせも考えるといいでしょう。ウェアだけではなく、バッグや小物のカラーコーディネートを楽しむのがおすすめです。

どんなファッションにすればいいのか悩んだら、プロがトーナメントで着用しているブランドやコーデを参考にしてみるのもおすすめです。

ゴルフウェア選び6つのポイント

ゴルフ場ごとのルール、マナーをチェックしたら、次はいよいよウェア選びです。ポイントとしては以下が挙げられます。

機能性で選ぶ

まず、最初に考えたいのが機能性です。着心地がよく、快適にプレーできることを第一に考えるようにします。ストレッチの入り方などはもちろん、自分自身の体形・体格に対して、無理のないものを選ぶようにします。

天候・気温を考える

速乾性、防風機能などプレー当日に予想される気候などを考えながら選ぶようにしましょう。

好きなスタイルやデザインで選ぶ

ゴルフウェアはファッション性も楽しみたいものです。悩んだらまずは好きなブランドを決め、そのアイテムを中心に、コーディネートを楽しんでもいいかもしれません。

ドレスコードを確認しておく

上述したようにコースによってはドレスコードがある場合があります。事前に確認しておきましょう。

年齢で選ぶ

20代であれば、パステルカラーのような明るい色のものや、多少、冒険したデザインにチャレンジしてもいいかもしれません。30代になると落ち着きのあるファッションも似合うようになります。また、そろそろ初心者を卒業しスコアをどんどん伸ばしたいならば、より機能にこだわったウェア選びをするといいでしょう。40代以降であれば、体力的なことをカバーするために機能にこだわる一方で、高級ブランドのウェアもより似合うようになってきます。

価格で選ぶ

もちろん、価格も大切なポイントです。初心者の場合、靴やバッグ、ゴルフクラブなど、そろえたいものがたくさんあるので、ウェアはリーズナブルなものでもいいでしょう。少しずつこだわりながら、自分らしいものを揃えていくのをおすすめします。

メンズにおすすめのゴルフウェアブランド

プレーヤーの体の動きを考えた機能性豊かなウェアが、ラウンドをサポートします。機能的かつ洗練されたデザインのウェアを取りそろえ、常にランキング上位に登場する男性におすすめのブランドを紹介します。

石川遼プロも愛用!「キャロウェイ(Callaway)」

1982年にアメリカで誕生し、画期的なアイアンを開発し、以降も独自のテクノロジーによるゴルフクラブを生み出し名声を高めていきました。石川遼選手をはじめ、多くのトップゴルファーと契約をしていることからも、性能の高さがうかがえます。

アパレルでは、すべてのゴルファーをファッショナブルにサポートする「CALLAWAY APPAREL」や、ワンランク上のスタイルを提案する「CALLAWAY SELECT」、人間工学に事づいた設計がされているゴルフ専用コンプレッションウェアなどがあります。

ヒマラヤオンラインでキャロウェイを見る

クールに決めるなら「オークリー(OAKLEY Golf)」

サングラスメーカーとして知られるオークリーですが、アパレルには1998年から参入しました。機能性を追求した常識を打ち破る画期的なデザインは、多くのゴルファーに支持されてきました。

トップスとボトムスはいずれも、スタイリッシュなデザインが特長で、明るめの色合いのものも豊富です。キャップやニット帽、ネックウォーマーも人気です。もちろん、アイウェアもチェックしたいところです。

ヒマラヤオンラインでオークリーを見る

虹色の傘でおなじみ「アーノルドパーマー(arnold palmer golf)」

日本でも傘のマークでおなじみのブランドです。ブランド名はアメリカの名ゴルフプレイヤーであるアーノルド・ダニエル・パーマーに由来しています。

トレンドを抑えたウェアはトップス、ボトムス、キャップ、靴下などを取りそろえ、トータルでファッションが楽しめます。トラディショナルなデザインから、カモフラのような個性派などデザインの幅広さも魅力です。もちろん、着心地の良さも追及しています。

ヒマラヤオンラインでアーノルドパーマーを見る

進化したスポーツテクノロジー「アディダス(adidas Golf)」

スポーツブランドのアディダスでは、ゴルフのウェア、アイテムもアディダスならではのテクノロジーが取り入れられています。防風性や保温性、伸縮性を求める部分には専用の素材を使い、快適性を実現。ストレッチのきいたストレッチパンツや長そでシャツ、保温性に優れたアウターベスト、ポケットの収納力を高めたパンツ、首からの寒気を防ぐモックネックシャツなど、幅広く取りそろえています。

ヒマラヤオンラインでアディダスゴルフを見る

機能性と価格のバランス「ツアーディビジョン(Tour division)」

カジュアルで機能性にも優れたヒマラヤ限定のウェアを、お手頃な価格で紹介しています。シンプルでシックな大人のゴルフファッションが楽しみたい人にもおすすめです。秋冬にうれしい中綿パンツや、防風・防寒対策をしつつも動きやすさを確保したアウター、アンダーウェア、個性があるのに派手すぎないポロシャツなど、豊富なラインナップの中から選ぶことができます。

ヒマラヤオンラインでツアーディビジョンを見る

レディースにおすすめのゴルフウェアブランド

かわいらしさやエレガントさを感じさせるおしゃれなウェアを扱う、おすすめのブランドを紹介します。グローブなどの小物類はプレゼントにしても喜ばれそうです。

おしゃれで機能性が高い「ルコックゴルフ(le coq sportif)」

1882年に誕生したフランス最古のトータルスポーツブランドです。おしゃれと機能性を併せ持ち、多くの女子プロと契約しています。

しっかりと風から守ってくれるブルゾン、はっ水性のあるカットソー、ストレッチがきいたパンツ、街でも使いたくなるようなバッグ、おしゃれなスコアカードケースなど、女子力の高いゴルフファッションが楽しめます。

ヒマラヤオンラインでルコックゴルフを見る

上品なカジュアル「トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER GOLF)」

プレッピースタイルをデイリーに取り入れたデザインで人気のトミーヒルフィガーの、ゴルフウェアラインです。アメリカンクラシックなテイストと、モダンなカジュアルスタイルを融合した、トミーヒルフィガーらしいウェアは幅広い層に人気です。バッグなどの小物類ワンポイントとして取り入れるだけでもおしゃれ度がアップしそうです。また、豊富に用意されているラウンドバッグも人気です。

ヒマラヤオンラインでトミーヒルフィガーを見る

伝統的なモチーフでスポーティー「アドミラル(Admiral Golf)」

1914年にイギリス海軍の制服サプライヤーとして誕生したブランドです。ロゴマークのモチーフとなったのは英国海軍提督の袖章です。70年代からはフットボールのイングランド代表チーム章やマンチェスターのオフィシャルスポンサーをつとめるなど、スポーツの世界へと進出しました。ユナイテッドのトラディショナルな英国の雰囲気を持ち合わせながらも、機能的なウェアを取りそろえています。バッグ、小物類も豊富なのでトータルでコーディネートを楽しむのもおすすめです。

ヒマラヤオンラインでアドミラルを見る

かわいいのにコスパ抜群「オプスト(OPST)」

機能性とデザイン性を高品質に保ちながら、手頃な価格設定がうれしいブランドです。アイテムのほとんどがヒマラヤ限定となっています。 ストレッチのきいた履き心地のいいパンツや、寒い日にうれしい中綿パンツ、トラッドな雰囲気のアウターやポロシャツのほか、ティー、グローブ、クラブのカバーなど、幅広く商品をそろえています。

ヒマラヤオンラインでオプストを見る

まとめ

ゴルフ場にはそれぞれドレスコードがあり、ウェアを選ぶ際には気を付けなくてはいけません。とはいえ、最近はドレスコードが緩めのゴルフ場も多いので、襟付きのトップスなど最低限のルールを守っていれば大丈夫です。ウェアを選ぶポイントとしては、機能性、プレーを行う日の天候などを考えるほか、「トラッド」「カジュアル」「スポーティー」など、テイストに合わせたコーディネートをするとおしゃれに見えます。

ゴルフウェアを取り扱うブランドは複数あります。それぞれ個性があるので、いろいろチェックしてからお気に入りを見つけてください。

ゴルフウェアの商品一覧はこちら

関連記事