カセットコンロはアウトドアでも大活躍!老舗のイワタニなどおすすめコンロと選び方

カセットコンロは、さまざまな場面で役立ちます。家庭で鍋物や鉄板焼きなどを楽しんだり、お友達を呼んでガーデンパーティーをしたりするのにも役立ちます。もちろん、キャンプやアウトドアで調理するのにも適しています。そして、電気を必要としないので、万が一の災害時にもお湯を沸かし、温かい料理をつくることもできます。
今回は、そんなカセットコンロの魅力や、おすすめのコンロの選び方などについて詳しくご紹介します。

カセットコンロを選ぶポイント

カセットコンロはさまざまなメーカーから豊富な種類の商品が販売されています。ここでは、そんなカセットコンロを選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

使う場所や目的に合わせて選ぼう

カセットコンロを選ぶ際には、用途を決めてから選ぶようにしましょう。

そして、以下の点を抑えることもポイントです。

・利用する場所
・利用人数
・使用予定の鍋の大きさ

例えば、家の中で使うことを前提としている場合、鍋料理をつくるだけであれば、人数に合わせた鍋を置くことができるカセットコンロを選べばOKです。たこ焼き作りや焼き肉をしたい場合には、専用のプレートが付属しているものが便利です。

また、アウトドアで使用するなら、風で火が消えないように「風防」が付いているものが良いでしょう。持ち運びやすさも重要なポイントとなりますので、ケースなどにしまったときの形状もチェックします。アウトドアメーカーのカセットコンロであれば風防つきのものが多くあります。さらに、持ち運びがしやすいように、収納するケースに取っ手がついているものもあります。

また、ダッチオーブンで料理をしたいのであれば、耐荷重のあるカセットコンロが必要です。本格的な調理ができるように、火力が強いタイプもあれば良いでしょう。

安全性を重視しよう

カセットコンロは、高圧のカセットボンベを使って火をおこすので、使い方次第では危険です。そのようなリスクを少しでも下げるために、安全性の高いものを選ぶようにしましょう。

例えば、重心が低いタイプのほうが鍋をひっくり返す可能性が少なくて安心です。そして、使用したい調理器具と大きさのバランスを考えることも重要です。大きすぎる鍋や鉄板を使って調理すると、鍋や鉄板がカセットコンロを覆って熱が過剰にこもってしまい、カセットボンベが爆発してしまう可能性も否めません。

また、メーカーごとに安全装置が付いているものがあるので、確認してみるといいでしょう。例えば、イワタニのカセットコンロの場合には、熱によってカセットボンベが膨張した際に、自動的にカセットボンベが取り外される「圧力感知安全装置」や、汁受けがしっかりはめ込まれていないと五徳が傾いて使うことができない「しる受け反転防止装置」などがあります。

ちなみに、五徳とは火の周辺に設置し、鍋ややかんなどを支える器具のことです。

火力や省エネなど熱効率もチェック

カセットコンロを選ぶ場合、やはり火力と経済性をチェックしないわけにはいきません。火力が小さいと、温めるまでに時間がかかってしまうだけではなく、調理に必要な火力に達することができない可能性があります。アウトドアで一般的な調理をする場合、風防があるカセットコンロで3KWの火力があれば十分でしょう。

経済性としては、連続使用時間やガス消費量を見るようにしましょう。一般的なカセットコンロの場合、連続使用時間の目安は1時間前後とみておくといいでしょう。

バーナーの形状にも注目したいところです。例えば、一般的なコンロの場合、外炎式と呼ばれる炎が外向きに広がるタイプが主流ですが、炎が内向きの内炎式もあります。内炎式ならば小さい鍋でも炎を逃がすことなく、少ないガスで効率よく加熱することができるので経済的です。

ただし、プレートを使って焼き肉やバーベキューをするときは、外炎式のほうが全体を温めてくれるので適しています。

お手入れのしやすさもやっぱり大事

カセットコンロで面倒なのが「お手入れ」ではないでしょうか?特に後片付けを簡単に済ませたいアウトドアでは、お手入れがしやすいもののほうが重宝されます。

例えば、汚れの落ちやすい素材がおすすめです。フッ素樹脂加工がされているカセットコンロであれば、汚れもさっと拭き取ることができます。その他にも「分解や組立てが簡単にできるか」ということも重要です。汁受けが外れるようになっているものだと、内部を簡単に拭き掃除することができます。

カセットコンロの燃料「カセットボンベ」にも注目

カセットボンベは、コンビニやスーパー、そしてホームセンターなどのさまざまな場所で購入ができます。ところで、「どのカセットボンベでも同じなのか?」と気になったことはではないでしょうか。実は、カセットボンベはJIS企画で統一されています。そのため、基本的にどのカセットボンベも性能は変わりません。

ただし、指定されたカセットコンロとカセットボンベの組合せで使用してください。カセットコンロにもカセットボンベにも使用ができるものが表示されています。表示のない組合せの場合、火災などの危険性がないとは言い切れません。

また、あまりに古いカセットボンベは使わないほうが賢明です。最近のカセットボンベは、製造年月日が記されているので安全ですが、製造日がわからないものや金属部分にサビが生じているボンベは危険なので使用しないようにしましょう。

カセットコンロのおすすめ商品

ここからは、おすすめのカセットコンロをご紹介します。ランキング上位に見ることができる人気商品もあるので、ぜひ参考にしてください。

イワタニが人気!アウトドアにおすすめのカセットコンロ

カセットコンロとカセットボンベの老舗といえば「イワタニ」です。1969年に家庭用ガスコンロを販売し、今まで数多くの商品を扱い信頼されてきました。そんなイワタニと、アウトドアの人気ブランド「スノーピーク」の商品を紹介します。

イワタニ Iwatani カセットコンロ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2

「マーベラスII」は、アウトドアでの使用に特化しているモデルです。トップカバーが大きめの風防となり、ある程度、風のある日でも安定して使用ができます。

また、トップカバーを閉じると、それ自体がケースとなるので、持ち運びも簡単です。屋内で使用する際には、トップカバーを外すことができます。

イワタニ Iwatani カセットコンロ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

スノーピーク(snow peak) シングルバーナー HOME&CAMP カーキ GS-600KH

人気の理由は持ち運びのしやすさ。かさばりやすい五徳も含め、まるで水筒のようなサイズ感にコンパクトに収納して持ち運ぶことができます。

シンプルな構造ではありますが、安定性が高く、ある程度大きな鍋でもバランスを崩すことなく使うことができるでしょう。連続燃焼時間は約110分なので、長時間鍋料理を楽しんでも途中でボンベを交換する必要がありません。

スノーピーク(snow peak) シングルバーナー HOME&CAMP カーキ GS-600KH
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

イワタニ(Iwatani) カセットコンロ フラットツイングリル CB-TBG-1

アウトドアに便利な2口タイプのバーナーです。キャンプ用のシングルバーナーは「コンパクトになる」というメリットがありますが、「複数調理をする際にまとめて調理ができない」などのデメリットがあります。ツーバーナーであれば、さまざまな料理をまとめて調理することができるので、料理効率を高めて時間短縮を実現させることができるでしょう。

グリルプレートを使用することで、バーベキューなども楽しむことができます。

イワタニ(Iwatani) カセットコンロ フラットツイングリル CB-TBG-1
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

家でも外でもおしゃれに大活躍!屋内用のおすすめカセットコンロ

インテリアアイテムとしても人気のストーブをはじめ、暖房器具や調理器具を扱っているブランド「センゴクアラジン」のカセットコンロを紹介します。とってもおしゃれで、機能性も抜群です。

センゴクアラジン バーベキューコンロ ヒバリン SAG-HB01-R

日本伝統の調理器具である七輪と火鉢を融合させたようなカセットコンロです。見た目のかわいらしさも人気の理由です。コンパクトながらも火力は十分であり、ちょっとしたおつまみをつくったりバーベキューをしたりするのにも最適です。カセットボンベが過剰に加熱されると、ガスの供給が止まる圧力感知安全装置が付いています。

センゴクアラジン バーベキューコンロ ヒバリン SAG-HB01-R
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

カセットコンロ使用後の注意点

カセットコンロやガスボンベは、しっかり保管しないと危険な状態となる可能性があるので注意しましょう。まず、カセットボンベは使用後に、その都度カセットコンロから外して蓋を装着して保管してください。保管場所は、できる限り温度が高くならない冷暗所がおすすめです。

また、カセットコンロは使用後できる限り早急にお手入れをするようにしましょう。いくらお手入れがしやすいモデルであっても水気や汚れを放置してしまうと、サビが生じてしまったり、故障してしまったりなどのトラブルを引き起こす恐れがあります。

まとめ

カセットコンロは、家庭用として冬に鍋で利用する以外にも、アウトドアでの調理にも便利です。そこで、今回はおすすめのカセットコンロを紹介しました。

カセットコンロを選ぶにあたり、注意したいポイントは、使用目的、火力、ガス消費量、お手入れのしやすさ、そして安全性です。家庭内で使いたいのか、屋外で使いたいのかだけでも、ほしい性能が変わります。また、ガスと火を使用する以上、安全性には十分に配慮して使用したいところです。

カセットコンロは、価格や機能も幅広く販売されているので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてはいかがでしょうか。

アウトドア・キャンプの商品はこちら

関連記事