キャンプ用の最強クーラーボックスは?選び方とおすすめ商品の紹介

クーラーーボックス

キャンプをするにあたって、食材や飲み物を冷やすためのクーラーボックスの選び方はとても重要です。使いやすいものを選びたいのですが、釣り用やキャンプ用など商品のバリエーションが多いため、どんなクーラーボックスを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのでは。
ここでは、目的別のクーラーボックスの選び方やおすすめの商品などについて、詳しくご紹介します。

釣り用とキャンプ用。クーラーボックスの違い

釣りイメージ

アウトドア用のクーラーボックスの中には「釣り用」のものがあります。キャンプも釣りも楽しみたいという場合、兼用で使えばいいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、釣り用のクーラーボックスは構造的にも釣りに適したものとなっています。

・氷や魚を入れるため密閉性が高い
・魚の鮮度を保つために保冷力が高い
・魚の保存に適した横長のデザイン
・肩にかけるため軽量
・キャリー付きのものも多い

などの特徴があり、さらに、持ち運びを考えて軽量化されていたり、大きな魚も入るように、横長になっていたりするものも多くあります。高性能ではありますが、価格も高めです。

このような釣り用のクーラーボックスは、もちろんキャンプやピクニックにも使用できます。しかし、釣りに何度か使ってしまえば魚の匂いがしみついてしまいます。また、魚を入れやすい形状をしているために、ペットボトルの数があまり入らない可能性があります。やはり、釣り用とキャンプ用は分けて使うことをおすすめします。

キャンプ用クーラーボックスのおすすめブランドは?コールマン・イグルー・ロゴスが便利

では、キャンプ用のクーラーボックスにはどのようなものがあるのでしょうか。まずはキャンプ用クーラーボックスのおすすめブランドをご紹介します。

コールマンのクーラーボックスの特徴

コールマンクーラーボックスイメージ

コールマン(Coleman)のクーラーボックスは非常に種類が多く、高性能でありながらお手頃な値段という魅力があります。これからキャンプを始めたいという初心者にもおすすめです。

シンプルですっきりとしたデザインのクーラーボックスが多いため、他のキャンプ道具との見た目の相性も良く、キャンプサイト内で全体の雰囲気を壊さずに、さりげなく使うことができます。

イグルーのクーラーボックスの特徴

イグルークーラーボックスイメージ

イグルー(Igloo)のクーラーボックスは、インテリア性が高いものが多く、洗練されたデザインが特徴です。そのため、あえて周囲の目に留まる場所に置きたくなってしまうかもしれません。キャスター付きのクーラーボックスもあり、持ち運びに便利です。駐車場からテントまでの距離があるときにも持ち運びが苦になりません。

また、イグルーのクーラーボックスは保冷力も抜群。特に、夏場は食材や飲み物をしっかり保冷したいものですが、イグルーであれば、安心して食材を保管することができるでしょう。

ロゴスのクーラーボックスの特徴

ロゴスクーラーボックスイメージ

ロゴス(LOGOS)のクーラーボックスは軽くて収納性の高いソフトタイプや、荷物の型崩れの心配もないハードタイプまで幅広く商品展開がされています。ソフトタイプはかわいらしいデザイン性も人気の理由となっています。

またクーラーボックスだけではなく、保冷材も人気です。例えば、「氷点下パックシリーズ」は、マイナス16度の表面温度を長時間保つことができます。高い保冷能力を持っているので、アイスクリームなどの溶けやすい食べ物も持ち運び可能です。保冷能力の高いクーラーボックスと合わせれば、長時間、冷えた状態をキープすることができます。

最強のクーラーボックスの選び方は?使い道に合わせて選ぼう

以上のように、人気ブランドからはさまざまな種類のクーラーボックスが販売されています。そこで、何を買えばいいか迷わないよう、用途別のクーラーボックスの選び方について、ご紹介します。

いつどこで使う?使用目的をはっきりさせよう

イメージ1

クーラーボックスの種類は、形状、デザイン、保冷力、容量などさまざまです。容量についてはお買い物や弁当の持ち運びに便利な小型タイプから、2泊3日のキャンプにも使える大型タイプまであります。どれを購入しようか迷ったときには、

・買い物にも使いたい
・スポーツ観戦や行楽にも使いたい
・ピクニックで使いたい
・運動会でお弁当を入れたい
・家族4人で1泊のキャンプをするときに使いたい

など、それぞれの希望に適したクーラーボックスを選ぶことをおすすめします。小さすぎれば必要なドリンクや食材を冷やしておくことができず、大きすぎるクーラーボックスではかさばるだけとなってしまいます。また、半日程度のレジャーなら値段の安い保冷力の低いものでも十分ですが、1泊するならばある程度の保冷力が必要です。「どんな目的で、何人くらいで使用するのか」をイメージしながら選ぶといいでしょう。

ハードタイプとソフトタイプの使い分け

イメージ2

まず、選ぶ際のポイントとして着目したいのが、「ハードタイプ」「ソフトタイプ」のどちらがいいかということです。クーラーボックスには硬くて丈夫なハードタイプと、柔らかな布製のソフトタイプがあります。

ハードタイプのクーラーボックス

内部にしっかりと断熱材が詰まっているので、保冷力が高いことが特徴です。そのため、「肉や魚などの生ものを保冷する」「キャンプや本格的なアウトドアでの利用」などにおすすめです。ちょっとしたイスやテーブル代わりに使えるものもあります。ただし、コンパクトにならないので収納スペースが必要であったり、気候や天候などによってフタが開きにくくなったりするなどのデメリットがあります。

ソフトクーラーボックス

布や軽い素材を使っているので、持ち運びが楽なうえ、折りたたみができるので収納場所に困りません。キャンプだけではなく、買い物やピクニック、運動会にも持っていくのにも便利です。デメリットは、ハードタイプに比べると密閉性が低いために保冷力が劣りやすく、外部からの衝撃に弱いということです。


しっかりと冷やし、中のものを型くずれさせないためにはハードタイプのクーラーボックスがおすすめです。一方、持ち運びしやすく、アウトドアから帰ってきても、イベントやショッピングなどのさまざまなシーンで活躍してくれるのはソフトタイプです。使い勝手の良さそうなほうを選びましょう。

何時間保冷できる?素材別クーラーボックスの保冷力

イメージ3

そして、クーラーボックスを購入する際に気になるのが保冷力ですが、何によって保冷力は変わってくるのでしょうか。まず、一つ目の要素として、使用されている断熱材の種類があります。主な断熱材の種類は、次の通りです。

・発泡ウレタン
・発泡スチロール
・真空断熱パネル

発泡ウレタンは、住宅などの断熱材に使われている素材でもあり、「保温保冷力・耐久力」に優れています。発泡スチロールは、安値ではあるものの保冷力や耐久力で劣っています。そして、真空断熱パネルは内部に真空の層を作るというものですが、保冷力は最強ともいわれています。

次の要素としては、クーラーボックスのどの面に断熱材が使われているかどうかという点も挙げられます。クーラーボックスには、側面の4面、底面、そしてフタ部分の6面がありますが、6面全てに断熱材が使われていると、保冷力は最強となります。とはいえ、6面全てに使われていると重くなってしまうというデメリットがあります。

長時間にわたりしっかりと冷やしておきたいときには、保冷力の高いタイプを選ぶのがおすすめです。ただし、保冷力が高いものは値段も高くなるので、ご予算と相談してみてください。

また、クーラーボックスは使い方によっても発揮できる能力が変わってきます。開閉が多ければ、中の冷気は逃げてしまいます。また、暑い季節に直射日光に当たる場所や、床に直置きすれば中の温度が上がりやすくなります。せっかく購入したクーラーボックスの性能を十分に享受したい場合は、使い方にも気を使うようにしましょう。

容量はどのくらい?1泊2日の家族4人のキャンプなら50L程度

イメージ4

クーラーボックスのサイズは15L程度の小型から50Lオーバーの大型までさまざまです。ただ、容量が大きければいいというわけではありません。大きいと重くなりますし、冷やすためには十分な氷が必要となるので、適切なサイズのクーラーボックスを購入しましょう。1泊2日、家族4人のキャンプなら35~50L程度のクーラーボックスがおすすめです。

日帰りのピクニックやスポーツ観戦、BBQであれば、持ち運びしやすい15~30L、連泊や大人数のキャンプであれば50L以上のクーラーボックスを選ぶと良いでしょう。

おしゃれで持ち運びしやすいおすすめ小型のクーラーボックス

ここでは、おしゃれで持ち運びも簡単な小型のクーラーボックスをご紹介します。

日帰りキャンプに!コールマン「クーラーバッグ 15L エクストリームアイスクーラー/15L 2000022212」

お手頃価格でありながら保冷力が高いと人気です。コンパクトなのでちょっとした買い物や日帰りキャンプなどにおすすめです。布製のクーラーボックスだから、軽くて持ち運びがしやすいというメリットもあります。サイズは15Lのほか、5L、25L、35Lもあるので、用途に合わせて選択することができます。

おしゃれ!ロゴス「クーラーバッグ 15L デザインクーラー15 ブルーストライプ 81670715

保冷力の高さだけではなく、ストライプのかわいいデザインも魅力的です。取っ手と肩掛けがついていて、女性でも持ち運びしやすくなっています。軽い布製のクーラーボックスなので、キャンプ場だけではなく、日々のお買い物にもおすすめです。

15Lのほか、25Lのものもあり、必要なサイズに応じて選べます。同じメーカーの「保冷剤 倍速凍結 氷点下パックM 81660642」とセットで使うのがおすすめです。

キャンプを楽しむおすすめの大型クーラーボックス

次に、キャンプにおすすめの大型クーラーボックスをご紹介します。

定番!コールマン「クーラーボックス 28L エクスカーションクーラー/30QTブルー/ホワイト 2000027861」

クーラーボックスの定番モデルです。値段が手ごろということもあり、長く愛されてきました。ハードタイプでフタにカップホルダーがついているので、ちょっとしたテーブル代わりとして使えたり、荷物を仮置きしたりできるので非常に便利です。ハンドル付きなので、持ち運びもしやすくなっています。

見た目も性能もすごい!ロゴス「クーラーバッグ 40L ハイパー氷点下クーラーXL 81670090」

上品ですっきりした色合いに立体感のあるロゴスのロゴが入っているおしゃれなクーラーボックスです。ソフトタイプですが、太陽光を反射する作りになっているので保冷力が高いという特徴があります。

大容量なのに、コンパクトにまとめることができ、収納の場所もとりません。容量・保冷力・収納性のいずれも評価が高い商品といえるでしょう。同じメーカーの「保冷剤 倍速凍結・氷点下パックXL 81660640」と併用するのがおすすめです。

スノーピーク「クーラーボックス ハードロッククーラー 40QT UG-302GY」

極厚の断熱壁で保冷力をキープできるので、プロのハンターや釣り人にも愛用されています。極厚クーラーで知られるアメリカの「グリズリー社」とスノーピーク(snow peak)がコラボした商品であり、プロ用に特化したクーラーボックスといえるでしょう。

溶けた氷を排水できる大型ドレーンホールも付属しており、水排出しやすいほか、気圧が高い場所でもフタが明けやすいなどのメリットがあります。スノーピークのアイテムは、価格が高いものの、壊れても修理してもらえるなどアフターサポートが充実しているので、長く愛用できるでしょう。

サイズは他に19L用、38L用もあります。

移動が楽ちん!タイヤ付きのクーラーボックスならイグルー

イグルーのタイヤ付きのクーラーボックスなら、たっぷり荷物を入れていても移動が楽です。

イグルー「カンタム28ハイブリッドローラー 34601」

350ml缶が42本収納できる大型サイズですが、ローラーと取っ手がついているため、女性でも持ち運びが簡単です。容量が大きいので、1泊2日程度のキャンプや、スポーツ大会の応援などでも役立てられるでしょう。ローラーも静かなので、引っ張っていて不快感がありません。

スタンド利用で腰が楽?クーラーボックス用のおすすめスタンド

クーラーボックス用のスタンドを使えば、地熱の影響を受けることもなく、飲み物などが取りやすくなります。

コールマン「クーラースタンド 170-5862」

折りたたみ式で幅が30~60㎝の間で調整が可能。重さが約2kgと持ち運びしやすいのが特徴です。

まとめ

まとめ画像

釣りとその他のアウトドアでクーラーボックスを兼用したくなることもありますが、釣り用のクーラーボックスは高性能なものの値段が高めな上、一度、釣りに使えば魚の匂いが移ってしまうため、やはりキャンプやピクニック用のクーラーボックスを手に入れたいところです。
クーラーボックスを扱っているメーカーとしてはコールマン、イグノー、ロゴスが有名です。
クーラーボックスを選ぶポイントとしては、形状、保冷力、容量があり、「運動会にも持っていきたい」「キャンプに使いたい」など使用目的を明確にイメージして選ぶようにしましょう。
容量としては15L程度~50Lオーバーのものもあり、家族4人で1泊2日のキャンプをするならば50L以上がおすすめです。
ぜひ、ご自身の使い方にあったクーラーボックスを手に入れて、アウトドアを楽しんでください。

関連記事