家でもアウトドアでもスキレットがおすすめ!お手入れの基本と使い方

スキレット

キャンプで人気の調理器具「スキレット」は、アウトドアシーンだけでなく一般家庭にもずいぶん浸透してきました。鋳鉄(ちゅうてつ)でできているため、お手入れや管理が思っている以上に大変ですが、スキレットが一つあると家でもキャンプでも、料理の幅が広がります。 今回は、スキレットの基本的なお手入れ方法や使用する際の注意点、ヒマラヤで人気のスキレット商品ほか、スキレット料理のおすすめレシピも紹介します。スキレットの基本的な使い方をマスターして料理の腕を上げましょう!

スキレットとは?キャンプだけじゃもったいない魅力的な調理器具

スキレットとは

スキレットとは、鋳鉄製の小さなフライパンのことです。有名なメーカーとしては、アメリカのロッジなどがありますが、最近ではアウトドア用品メーカーだけでなく、ダイソーやニトリでも見かけるほど一般家庭にも広まってきました。鋳鉄は、通常の鉄製よりも厚手で重く、熱が均一にじっくり伝わるという特徴を持っています。食材の持つうまみを逃さず凝縮するため、「おいしく仕上げられる」として愛用する人の多い調理器具です。鋳鉄製なので、IH調理器でも使えます。

基本の調理法は、焼き・炒め・揚げ料理です。さらに、同じ鋳鉄製の蓋(スキレットカバー)を使うと、その重みで圧力がかかり、蒸し焼きや煮込み料理などもおいしく仕上がります。浅型のスキレットは、肉や魚をそのまま焼くほか、ピザを焼くのにも最適です。深型のスキレットは、じっくりと火を通したいビーフシチューやハンバーグなど蒸し焼きで中までじっくりと火を通したい料理にもいいですね。小さなサイズなら、オーブン料理に使うこともできます。

鋳鉄は蓄熱性能も高く、スキレットはデザイン性のある形状のため、調理後はそのまま食器としてサーブすることもできます。盛り付けの手間を省けるだけでなく、「料理が冷めにくい」「おいしく食べられる時間を長く保てる」などの効果もあります。スキレットは、キャンプなどアウトドアだけでなく、家庭でも便利に使うことができる調理器具です。

スキレットの使い始めは「シーズニング」

鋳鉄は、そのままにしているとサビやすいため、出荷時はサビ止めのコーティングが施されています。そのため、スキレットを購入して使用する前には、このコーティングを取り除く作業が必要です。その上で、初めて使う前にはシーズニング(慣らし)を行い、使用後はサビないようにお手入れをする必要があります。

初めが肝心!油をしっかりなじませよう

スキレットイメージ

スキレットは鋳鉄製。サビにくくするためには、全体に油の膜を作る「慣らし」が必要です。この慣らし作業をシーズニングと呼びます。使い始めにしっかり油をなじませ、サビにくいスキレットにしましょう。シーズニングの手順は以下の通りです。

【シーズニングの手順】

1.洗う
まずは、スキレットの表面全体を覆っているサビ止めのコーティングを落とします。食器用洗剤などを使い、調理面だけでなく、取っ手や裏側、蓋もしっかりこすり、その後、洗剤を洗い流しましょう。

2.加熱する
スキレットを洗った後は、火にかけて水分を飛ばしましょう。

3.油を塗る
油をスキレット全体(蓋も含めて)に染み込ませます。使用する油はサラダ油やオリーブオイルのように、塩分などの調味料が含まれていない純粋な油を使うようにしてください。バターやマーガリンはNG。油を塗る部分は、調理面だけではなく、取っ手や火にあたる裏側なども含めた表面全体です。

4.油をふき取る
スキレットの全体に油を染み込ませたら、余分な油をキッチンペーパーでふき取ってください。余分な油が残っていると、この後の工程で焦げの原因になってしまいます。

5.加熱
油を塗布したスキレットを、煙が出るまで中火で加熱。煙が出てきたら、今度は弱火にして煙が出なくなるまで焼き込みます。蓋もある場合は、同じように別途焼き込んでください。その後、手で触れられるくらいまでの温度まで、自然に冷まします。その際、早く冷やそうと水などをかけるとヒビが入る可能性があるので気をつけてください。

6.3~5の手順を数回繰り返し
この手順を何度か繰り返します。

7.野菜くずを炒める
焼き込みができたら、野菜くずを炒めてさらに油をなじませます。ここで使う野菜くずは食べられないので、野菜の皮むきなどで出た不要な部分を使ってください。このとき、玉ネギ・青ネギやショウガ・ニンニクなどの香味野菜にすると、嫌な臭いが取れるのでおすすめです。蓋もフライパンとして使用する場合があるので、同じように野菜くずを炒めて臭いを消しましょう。

8.再度油を塗る
十分に炒めたら、野菜くずを捨てて、スキレット全体に再び先ほど使用したのと同じ油を塗ります。

9.保管する
湿気の少ない場所を選んで保管場所にしましょう。長い間使用しない場合は、本体・蓋ともに新聞紙に包んで水分を吸収させます。蓋と本体の間にはしを挟むなどすき間をあけ、風通しを良くするのもおすすめです。

なお、商品によってはシーズニング済みで販売しているものもあります。シーズニングを行う前に、購入したスキレットの説明書や注意書きを確認してみてください。

使用後のメンテナンスでスキレット鍋を長く使い続ける

鍋敷き

スキレットで調理をした後は、メンテナンスを行って再び油分で空気中の水分に触れないように保護します。使い始めのシーズニングとの違いは、使用後の汚れを落とす作業が追加になることと、臭い消しの作業(野菜くずを炒める)が不要な点です。使用後のお手入れについて、以下に簡単なメンテナンス方法をまとめました。

【使用後のお手入れ方法】

1.洗浄
洗剤は使わず、たわし(金属製は除く)などを使って汚れを洗い流します。汚れや焦げがひどい場合は、水を入れて沸騰させ、汚れを浮かせてください。

2.乾燥
火にかけて、洗浄で濡れたスキレットの水分を飛ばしましょう。

3.油を塗る
スキレットがまだ熱いうちに、キッチンペーパーなどを使って、全体に純粋な油を薄く塗り込みます。

4.保管
シーズニングで説明したのと同じ要領で保管しましょう。

ここまで説明したように、スキレットはお手入れに一定の手間がかかる調理器具です。しかし、メンテナンスを怠らなければ、長い間使い続けることができます。焦げがこびりつきにくくなって使い勝手が良くなるなど、スキレット自体を育てるという喜びや、丁寧なお手入れを続けていることでスキレットに愛着が湧きます。

洗剤・冷水はNG!押さえておきたい注意点

注意点マーク

スキレットのお手入れを説明してきましたが、ここで知っておきたい注意点を紹介します。長く使い続けるために、ぜひ確認してくださいね。

【スキレットの取扱注意点6つ】

1.熱いうちに冷水をかけない
急激に冷やすと収縮してヒビが入り、最悪は割れることもあります。

2.洗剤を使わない
せっかく作った油の膜が取れてしまうため、やむを得ず使用する場合は再度シーズニングを行いましょう。

3.食べ物のカスを残さない
食べ物に含まれる塩分や水分がサビの原因になります。

4.強い衝撃を与えない
スキレットは衝撃に弱いため、割れやヒビが入ってしまう可能性があります。

5.湿気の多いところで保管しない
鋳鉄は、空気中の水分に触れるだけでサビるため注意が必要です。

6.持ち手を素手で触らない
非常に高温になるため、取っ手用のカバーなどを使い、やけどに注意しましょう。

ヒマラヤおすすめ!人気のスキレット

ここからは、ヒマラヤが自信を持っておすすめする人気のスキレットを3商品紹介します。1人用に最適なサイズからファミリーサイズまでセレクト!自分に向いているスキレットはどれか、探してみてくださいね。

ソロキャンプやサイドメニュー用にぴったり!チャムススキレット(6インチ)

アメリカ生まれのオシャレなアウトドア用品メーカー「チャムス(CHUMS)」。持ち手にはロゴマーク、裏面にはマスコットのブービーバードが刻印された 「チャムススキレット6インチ」は、内径14.5cmで1人用にピッタリサイズのスキレットです。朝食の目玉焼き、お酒のおつまみになるアヒージョなどちょっとした料理に大活躍。ファミリーキャンプでも、1人前分の料理をそのまま食卓へ持っていくのにも使いやすいサイズ感です。

本製品は、すでにシーズニングされているため、使い始めのシーズニングが必要ない点も便利。ただし、使用後はしっかりメンテナンスして、長持ちさせてくださいね。

使い勝手の良いサイズ!ペトロマックスのファイアースキレット(20cm)

ペトロマックス(Petromax)は、ランタンで有名なアウトドア用品メーカーですが、キャストアイアンシリーズも人気があります。ファイアースキレットはサイズ展開が豊富ですが、なかでも20cmは使い勝手の良いサイズ。重さとしても2kgを切っているため、女性にも取り回しやすい重量といえます。女性の1人暮らしで使用するなら、このサイズがおすすめです。また、アウトドア用として持っていく場合にも、これぐらいのサイズだと持ち運びしやすいでしょう。

1人分の肉や魚を焼く、家庭で揚げ物をする、2~3人分のアヒージョを作ってそのままサーブし、みんなで楽しむといった使い方ができます。

収納ケース&蓋つきで便利!コールマンのクラシックアイアンスキレット

アウトドア用品メーカー、コールマン(Coleman)からは、蓋つきで大きなサイズのスキレット「クラシックアイアンスキレット」をセレクト。家庭の一般的なフライパンと同程度のサイズ感があり、深めのタイプです。そのため、ステーキなどの焼き料理だけでなく、シチューのような煮込み料理や蒸し焼き料理にも使用できるため、料理のレパートリーは、かなり広くなります。蓋の裏には突起がついていて、水分を均等に落とすよう工夫されている点も注目ポイントです。シーズニング済みなのですぐに使えますよ。

いつもの料理が変化する!?スキレットだから作りたいレシピ

自分にぴったりのスキレットが見つかったら、スキレットならではのレシピで早速料理を作ってみましょう。いつもの料理でも、スキレットだとおいしくなる、そんな料理のレシピをランキング形式で紹介します。

【第1位】やっぱり肉!ステーキのおいしい焼き方

ステーキ

スキレット料理の一番人気は、なんといってもステーキです。シンプルな肉料理なので、素材の良さと焼き方で味に大きな差が出る料理。スキレットの特性を実感しやすく、手順を守れば失敗もしにくいので、ぜひとも挑戦してみましょう!

【牛肉のステーキ】

材料:ステーキ用の牛肉(200~300g)、塩コショウ(適量)、牛脂(適量)

<下準備>
冷蔵庫から肉を取り出して30分ほど待ち、常温に戻しましょう。冷たいままだと、焼き加減が難しくなります。上記の準備が終わったら、スキレットを熱して用意している牛脂を半分ぐらい溶かします。

<焼き方>
スキレットから牛脂を取り出し、溶けかかった残りを牛肉の表面に塗るようにしてください。その後、牛肉の両面に塩コショウを振りかけて両面を焼きます。

<火加減のコツ>
ガスコンロを使う場合は、両面とも強火で約1分、弱火で約30秒焼くとミディアムレア状態になります。アウトドアで火加減が難しい場合は片面1分30秒を基準に考えましょう。

<焼いた後>
焼いたステーキをそのまま切り分けると、肉汁が流れてしまうため、アルミホイルに包んで5分程度待ってから肉を切り分けて野菜などと一緒に盛り付けてください。このひと手間で、おいしさが断然変わってきます。

スキレットは、熱がじっくりと均一に回るため、肉をジューシーにおいしく焼くのに向いています。今までフライパンで焼いていたのとひと味もふた味も違うステーキをぜひ味わってくださいね。

【第2位】王道のおいしさ!エビ&キノコ&じゃがいものアヒージョ

アヒージョ

オリーブオイルをたっぷりと使用したアヒージョ。焼き加減などを考えず、調味したオイルに食材を浸して火を通せるので、初心者にも作りやすくておいしい、おすすめの料理です。アヒージョに合う食材として王道ともいえるエビ・キノコ・じゃがいもを使ったアヒージョを紹介しましょう。

【エビ&キノコ&じゃがいものアヒージョ】

材料:むきえび(100g)、マッシュルーム(5個)、じゃがいも(小1個)、オリーブオイル(100CC)、にんにく(みじん切り大さじ1)、鷹の爪(1本)、塩(小さじ2分の1)

<下準備>
マッシュルームは薄切りに、じゃがいもは1cm角に切っておきます。

<作り方>
塩とオリーブオイル以外の材料をスキレットに入れた後、オリーブオイルを入れます。そのままスキレットを中火にかけましょう。油がグツグツと煮立ち、材料に火が通ったら最後に塩を入れて味を調えて完成!

<コツとワンポイントアドバイス>
一番火の通りにくいじゃがいもに火が通ったかどうかを確認すると、できあがりが判断しやすいですよ。お好みでチーズを入れてもおいしくなります。アヒージョで残ったオイルは捨てずに、ゆでたパスタと絡めるとおいしいのでおすすめ!

スキレットは、蓄熱性能が高いのでオイルがいつまでも温かく、アヒージョにぴったりです。

【第3位】ふっくら仕上がる!パンケーキ

パンケーキ

スキレットで作る人気レシピの第3位はふっくらとおいしいパンケーキです。スキレットで作るパンケーキは、普通のフライパンで作るよりも失敗しにくくおすすめ。では、早速レシピをご紹介します。

【ふわっふわに仕上げるシンプルパンケーキ(6インチで3枚分)】

材料:ホットケーキミックス(200g)、卵(1個)、牛乳(70cc)、無糖ヨーグルト(70g)、バター(15g)

<下準備>
ホットケーキミックスは、ふるいに2回かけておきます。卵・牛乳・無糖ヨーグルトは、しっかり混ぜ合わせてください。また、後からスキレットをいったん置くため、濡れ布巾を絞って台の上に広げておきます。

<作り方>
スキレットにバターを入れて火にかけ溶かします。バターを底面と側面全体に行きわたらせた後、残ったバターを卵・牛乳・無糖ヨーグルトを混ぜた中に少しずつ入れて混ぜ合わせてください。

スキレットを30秒ほど濡れ布巾の上に置きます。こうすることで、バターで表面がコーティングされ、焦げ付きにくくなるので、ひと手間かかりますが丁寧に行いましょう。

次に、ふるっておいたパンケーキミックスを卵・牛乳・無糖ヨーグルトの中に入れて、ゴムベラまたは木きゃくしで切るように混ぜます。練らないようにすることで、ふっくらと焼き上がります。

粉っぽさがなくなったところで、弱火で温めたスキレットに生地を流し入れ、蓋をします。蓋がない場合は、アルミホイルをスキレットより大きめに切って上に載せましょう。生地の表面にぷつぷつと穴が開いてきたらひっくり返し、もう一度蓋をして1分程度そのまま焼いて完成!

<コツと注意点>
生地を混ぜ過ぎないこと、いったんスキレットを濡れ布巾の上に置いて冷ますことに注意すれば、おいしく焼き上げることができます。

スキレットは、蓄熱性能が高く均一に熱が通るのでパンケーキをムラなく焼き上げられます。また、そのままサーブすれば温かいままでパンケーキを楽しめる点も、スキレットの良さですね。

まとめ

まとめ

スキレットは、アウトドアでも家庭でも、料理をおいしく仕上げてくれる調理器具です。シーズニングや使用後のお手入れなど、管理が大変だという側面はありますが、慣れれば楽になりますよ。使い続ければより使いやすくなり、愛着が湧いてくる、という人も少なくありません。

スキレットを長く使い続けるためには、お手入れだけでなく、自分の用途に合わせてサイズや深さ、重量などを確認して最適なスキレットを選ぶことも重要です。自分にぴったりのスキレットを見つけて、ぜひいつもの料理をよりおいしく楽しんでくださいね。

関連記事