【メンズ/レディース】トレッキングシューズ(登山靴)の選び方とおすすめ9選

トレッキングシューズ

登山やトレッキングを安全に楽しむために、トレッキングシューズは欠かせません。
ただ、これから登山やトレッキングを始めようとする方には、そもそもトレッキングシューズにはどのような機能があり、他のシューズとどのような違いがあるのか、わからない方も多いのではないでしょうか。
ここでは、トレッキングシューズに関する基礎知識と自分に合ったトレッキングシューズの選び方、そして、ヒマラヤがおすすめするトレッキングシューズをご紹介します。

トレッキングシューズはどんなときに履くの?長時間の登山やトレッキング時におすすめ

登山やトレッキングの際は、トレッキングシューズがおすすめです。しかし、そもそもトレッキングシューズとはどのようなシューズのことを指すのでしょうか?ここでは、トレッキングシューズの基礎知識をご紹介します。

トレッキングシューズとは?登山やトレッキングのときに履く靴

トレッキングシューズ画像1

トレッキングシューズとは、登山やトレッキングなどの山歩きの際に履く靴のことであり、一般的なシューズと違って防水性などが高いという特徴があります。

トレッキングシューズは、山や岩場、高原など足場の悪い未舗装の道を安全に歩くために開発されたものです。足場の不安定な道でもしっかりと歩けるように作られています。
さらに、防水機能が高いモデルも多いため、登山だけではなく、釣り用として愛用している方も少なくありません。

防水機能や疲れやすさは?トレッキングシューズの特徴

トレッキングシューズ画像2

トレッキングシューズの主な機能は次の通りです。

・高い防水機能が施されている
・靴底は厚く衝撃を受け止めてくれる

山というのは、非常に天候が変わりやすいものです。場合によっては、天気予報があてにならないこともあります。そのため、天候の変わりやすい山間部でも安心して登れるように、高い防水性能を有しているものも多い傾向です。急な雨が降っても、雨が靴の中に染み込むのを防いでくれます。さらに、靴の中が蒸れないように、内部の湿気は適切に排出してくれる靴もあるので、いつでも快適な状態を保つことができるでしょう。

さらに、一般的なスニーカーと比較して足首部分のカバーが大きくなっており、アウトソールも分厚く滑りにくくなっています。
トレッキングシューズを履くことによって、がっちりと足首がホールドされ、硬いソールで石や枝などの衝撃から足を守ってくれるので、長時間歩いていても疲れにくいでしょう。

トレッキングシューズのタイプ

トレッキングシューズ画像3

トレッキングシューズには、大きく分けて次の3つの種類があります。

ハイカット

ハイカットは、くるぶしの上まで高さがあるため、がっちりと足首をホールドしてくれます。足場の悪い場所や急斜面でも安心して登ることが可能です。ただし、重量があるので長時間歩くと負担になることもあります。

ローカット

ローカットは、くるぶしくらいまでの高さのシューズです。軽量なので普段のスニーカーと同じように履くことができます。初心者でも比較的履きやすく、疲れにくいといえますが、足首ががっちりとホールドされていないため、急斜面や足場の不安定な場所が多い場合は注意が必要です。

ミッドカット(ミドルカット)

ミッドカットは、ハイカットとローカットの中間の特徴を持っています。

普段履きもできる?おすすめのトレッキングシューズの選び方

ここでは、トレッキングシューズを選ぶ際のポイントを詳しく解説します。

使用用途から見たトレッキングシューズの選び方

トレッキングシューズ画像4

トレッキングシューズは、用途によって選ぶようにしましょう。

登山やトレッキングと一言でいっても、さまざまな状況があります。

・標高差の大きい本格的な登山
・標高差はないが整備されていない山の登山
・標高の高い山をキャンプ道具など重たい荷物を背負って登る
・日帰りで整備された登山道を歩く
・標高差の少ない散策やハイキング

散策やハイキング程度であれば、本格的なトレッキングシューズでなくても楽しめますが、一般的に、ハイカット・ミッドカット・ローカットの順で、登山の難易度を変えている人が多いようです。ハイカットは、くるぶしまでがっちり足首を固定し、ソールも硬いので舗装されていない山道などで、ケガのリスクを抑えることができます。防水性も高いので天候の変化にも強いでしょう。

ミッドカットは、足首をホールドする部分が短くなっていますが、適度な長さで履きやすくなっています。さらに、ソールもガチガチに硬くなく、軽量化されているため、疲れにくいのが特徴です。
ローカットは、くるぶしの手前くらいまでの高さであり、ホールド力は弱いのですが、ミッドカットよりも軽量で履きやすくなっています。ソールも柔らかく歩きやすいので、散策やハイキングのみならず、普段履きができるというメリットがあります。

トレッキングシューズのサイズ感と正しいサイズの選び方

トレッキングシューズ画像5

ハイカットやミッドカットのトレッキングシューズを選ぶ場合は、足の大きさや甲の高さ、幅に加えて、足首周りのサイズもよく確認しましょう。もし、靴が大きい場合は中敷きなどで調整をする必要があります。トレッキングシューズを選ぶ際には、基本的に普段スニーカーを購入する感覚より少し大きめを選ぶことをおすすめします。一般的な登山用靴下というのは、クッション性のある分厚い靴下であることが多い傾向です。

その上で、つま先部分に空間を残す必要があるので、普段のスニーカーよりも+1.0cm程度は大きめのものを選びましょう。また、ハイカットやミッドカットを選ぶのであれば、足首周りのサイズもしっかりチェックして選ぶことが大切です。足先や甲の部分がちょうどよくても、足首が窮屈だと快適に登山することができません。そのような場合は、足首のサイズに合わせて選ぶようにしましょう。実際に、お店で靴を購入する場合は、次のポイントを押さえることをおすすめします。

登山のときに使う靴下を持参して試着する

もし、持っていない場合は、貸してくれるお店もあります。また、靴下も一緒に購入して、その靴下に合った靴を選んでもよいでしょう。

サイズ感を確認する

ひもを緩めてつま先まで足を入れてください。つま先が先端に触れている状態でかかとの部分に指1本分の余裕があるか確認し、余裕がない場合は大きめのものを試着しなおしましょう。その後、かかとよりに足を移動させて、ひもを締めます。このとき、つま先側からしっかりとひもを締めてください。

お店には、試着用の坂道などが用意されている場合があるので、実際に歩いてみて、「下り坂でつま先に余裕があるか」「足の甲や幅、くるぶしが靴に当たらないか」「かかとや足全体のフィット感があるか」などを確認しましょう。もし、足首が太いなどの理由で、ぴったりサイズを選べない場合は、足首に合ったサイズを優先し、その他の部分は調整用の中敷きで、サイズ調整をしましょう。

トレッキングシューズの価格の目安

トレッキングシューズ画像6

トレッキングシューズは、大体1万円前後で購入することができます。もちろん、実際には値段の幅があり、安いものでは、3,000円程度、高いもので3万円を超えるものも珍しくありません。高価なトレッキングシューズは、ブランド的価値ゆえのものもありますが、防水透湿性に優れた素材を用いているなど、機能的に優れたトレッキングシューズが多い傾向にあります。

トレッキングシューズのお手入れ方法は?防水処理と保管方法について

トレッキングシューズの手入れや保管方法は、それほど難しくありません。しっかりと覚えて、靴を長持ちさせましょう。

使トレッキングシューズを長持ちさせるお手入れ方法

トレッキングシューズ画像7

トレッキングシューズを長持ちさせるためには、使用後のお手入れと保管方法が重要です。下山後は、まず、中敷きを取り出し、しっかりと乾燥させます。これによって靴の内部も乾燥させやすくなるでしょう。内部が汚れている場合は、専用の洗剤とブラシを用いて汚れを落とします。

アッパー部分は、靴用ブラシなどで汚れを落としますが、頑固な汚れの場合は水洗いや専用洗剤で洗いましょう。靴ひもは、すべて外してネットに入れて洗濯機で洗うと楽です。ソール部分もブラシで汚れを落とし、石が詰まっている場合は取り除きます。

その後、直射日光を避けて、風通しの良い場所で2~3日乾燥させます。乾燥後に撥水処理を行い、保管の際にも風通しが良く湿度の低い場所で、直射日光を避けて保管しましょう。内部に新聞紙などを詰めると、型崩れを防いだり、余計な湿気を吸収したりすることができます。

【コロンビア/メレル他】ブランド別おすすめメンズトレッキングシューズ

ここでは、おすすめのメンズトレッキングシューズをご紹介します。

コロンビアのトレッキングシューズ

コロンビアは、アメリカのオレゴン州で生まれたアウトドアブランドメーカーです。独自開発による高機能アウトドア用品を展開している会社であり、デザイン性の高さからも多くの愛好家がいます。

おすすめ1.コロンビアトレッキングシューズ セイバー4ミッドアウトドライ

ミッドカット・ローカットの2種類の展開をしており、目的に応じて選択できます。防水メンブレンによって防水性能を高め、メッシュ素材により蒸れを軽減しています。サイズ展開は、25.0~28.0cmですが、少し小さめなので普段よりも0.5~1.0cm大きめがおすすめです。安定性の優れたシューズなので、ハイキングやトレッキングはもちろん、釣りなどでも使いやすいでしょう。

コロンビア(Columbia) ミッドカット セイバー4ミッドアウトドライワイド YI7463 264

コロンビア(Columbia) ミッドカット セイバー4ミッドアウトドライワイド YK7463 506

メレルのトレッキングシューズ

メレルは、アメリカのミシガン州に本社を置くアパレルメーカーです。特に、アウトドアシューズに重点を置いており、「ジャングルモック」などの人気シューズを生み出しています。

おすすめ2.メレルトレッキングシューズ モアブ2(ミッドカット)

サイズ展開は、25.0~28.0cmですが、1.0cmほど大きめを選ぶのがおすすめです。
防水機能と透湿機能のあるゴアテックス素材を採用しているため、雨天時や夏場の蒸れやすい時期でも快適に使えるでしょう。ソールは柔らかめなので、悪路には向きませんがハイキングやトレッキングから、普段履きにもおすすめです。

メレル (MERREL) ゴアテックス ミッドカット モアブ2 ミッド J06063 ブラウン

サロモンのトレッキングシューズ

サロモンとは、もともとスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツ用品が得意だった企業ですが、現在ではトレッキングシューズやトレイル関係にも注力しているブランドです。

おすすめ3.サロモントレッキングシューズ マッドストーンミッドGTX

ミッドカットで透湿性能と防水性に優れたゴアテックス素材のトレッキングシューズです。夏場でも蒸れにくく、雨でも安心して履けます。サイズ展開は25.0~28.0cmまで、0.5cm¥刻みです。

サロモン(salomon) ゴアテックス ミッドカット マッドストーンミッドGTX L40616300

アディダスのトレッキングシューズ

アディダスは、ドイツ生まれのメーカーで、スポーツシューズに定評があります。スポーツの種類を問わず、陸上競技や球技などさまざまなスポーツで愛用者が多いのが特徴です。

おすすめ4.アディダストレッキングシューズ テレックス AX3

ミッドカットで、防水透湿性のあるゴアテックスを採用しており、湿気を逃して常にドライな状況をキープします。
サイズ展開は、25.0~28.0cm。サイズ感はぴったりサイズなので、靴下に合わせて大きめを選ぶようにしましょう。本格的な登山というよりも、起伏の激しい場所のハイキングやトレイルにピッタリな1足です。

アディダス(adidas) ゴアテックス テレックス AX3ミッド BC0466 BTI56 ブラック

キーンのトレッキングシューズ

キーンは、アメリカにおいてサンダルブランドとして生まれたメーカーです。ユニークでおしゃれなデザインが多く、若者を中心に世代を問わず愛好家が多く存在しています。

おすすめ5.キーントレッキングシューズ ピレニーズ

ミッドカットのトレッキングシューズであり、サイズ展開は25.5~28.0cm。
普段から履いている靴よりも1.0cm程度は大きめを選んだほうがよいでしょう。完全防水素材なので、沢に足を取られても濡れる心配なく登山を続けることができます。全体的に柔らかい靴なので、軽登山におすすめです。

キーン (KEEN) ミッドカット ピレニーズ 防水ハイキングシューズ 1002435

【キャラバン/キーン他】ブランド別おすすめレディーストレッキングシューズ

続いて、おすすめのレディーストレッキングシューズをご紹介します。

コロンビアのトレッキングシューズ

メンズ用でも紹介したブランドですが、レディース用のおすすめもあります。

おすすめ6.コロンビアトレッキングシューズ セイバー4ロウアウトドライ

ローカットで、高い防水性能とメッシュ素材による透湿性を兼ね添えたトレッキングシューズです。サイズ展開は、22.5~25.0cm。0.5cmほど大きめサイズを選ぶと、ちょうどよいでしょう。ソールも柔らかく、歩きやすいのでハイキングや散策におすすめです。その他にも、釣りやボートなどさまざまなアウトドアで活躍してくれることでしょう。

コロンビア(Columbia) セイバー4 ロウアウトドライ YL7462 506 ダークパープル

メレルのトレッキングシューズ

メンズでおすすめしたトレッキングシューズとはまた違った魅力のシューズをご紹介しましょう。

おすすめ7.メレルトレッキングシューズ カメレオン7ストーム

ローカットタイプであり、ゴアテックス素材を採用しているので、防水性能と透湿性能は必要十分の能力があります。サイズ展開は、23.0cm、23.5cm、24.0cm、24.5cmで、選ぶ際には1.0cmほど大きめがおすすめです。ハイキングなどが主目的の場合におすすめのシューズですが、おしゃれでカラフルなデザインなのでタウンユースとしても人気があります。

メレル(MERREL) ゴアテックス カメレオン 7ストーム J99556

キャラバンのトレッキングシューズ

キャラバンとは、日本で生まれたブランドであり、日本人の足に適した登山靴を生み出しているブランドです。1954年の登場以後、多くの登山愛好家が愛用しています。

おすすめ8.キャラバントレッキングシューズ C1-02S GTX

ミドルカットのシューズで、ゴアテックス素材を採用している防水透湿性能があります。
サイズ展開は、22.5~25.0cmです。登山入門者でも使いやすいように設計されているので、これから登山を始めたいという方にぴったり。

キャラバン(Caravan) ゴアテックス ミドルカット C1-02S 0010106 220 レッド

キーンのトレッキングシューズ

キーンのトレッキングシューズの中で、レディース用のおすすめを見てみましょう。

おすすめ9.キーントレッキングシューズ ミッドカット エクスプロール

ミッドカットサイズであり、キーン独自の防水性能と透湿性能を兼ね備えたアッパーを採用しています。サイズ展開は、23.5~25.0cm。選ぶ際には、ジャストサイズで問題ないという方も多いのですが、不安であればハーフサイズ大きめを選び、ソールで調整するのもおすすめです。ハイキングや、軽めのトレッキングなどで快適に歩くことができるでしょう。

キーン (KEEN) エクスプロール ミッド 防水ハイキングシューズ 1021646 BK/SW

まとめ

まとめ

トレッキングシューズは、足場の不安定な登山道などで足首や足の裏を守ってくれる大事なシューズです。特に、ハードな登山においては必要不可欠といえるでしょう。登山やトレッキングの種類などによって、ハイカット・ミッドカット・ローカットから選択すると快適にアウトドアを楽しむことができます。今回ご紹介したトレッキングシューズは、人気の商品ばかりです。ぜひ、購入をする際にチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事