スポーツブランドのおしゃれなヨガウェア!選び方とおすすめアイテム

ヨガウェアメイン画像

これからヨガをやってみたい人や、「今、着ているウェアがなんとなく動きづらい」などと感じている方へ、おしゃれで機能性も抜群なヨガアイテムの選び方をご紹介します。

お気に入りのウェアに身を包むと、もっともっとヨガをするのが楽しくなります。ヨガウェアの基本アイテムであるトップスとボトムのコーディネートのポイントや、人気商品についても見ていきますので、ぜひ、参考にしてください。

ヨガをするときの服装は?ヨガウェアの基本アイテムとコーディネート

ヨガがどのようなものかイメージできる人は多いのですが、いざ始めようとするとどんな服装で始めればいいのかわからないという人も多いでしょう。ここでは、ヨガの基本アイテムとコーディネートについてご紹介します。

専用のヨガウェアは必要?なくても大丈夫

結論から言うと、専用のヨガウェアを用意しなくても、ヨガを始めることは可能です。ランニングをしたり、スポーツジムに通ったりするときのような、一般的なスポーツウェアでも代用することができます。

ですから、「ヨガを続けることができるか心配」「とりあえずヨガとはどのようなものか体験してみたい」という場合には、いきなり専用のヨガウェアを購入しなくても問題ありません。

ただし、ヨガウェアならば、ヨガの動きをしやすいような形状、デザインになっています。速乾性に優れストレッチも効いたものが多いので、着心地がとても良いという特長もあります。

もし、ヨガを本格的に始めたいのであれば、専用のウェアをそろえてもいいかもしれません。

ヨガに使うブラ

ヨガ用のブラを選ぶ場合には、どんな動きにもフィットし、あまり締め付けないスポーツブラを使うことがおすすめです。普段、着用しているブラは、運動を目的としてつくられていないため、ホックがはずれやすかったり、アンダーバストのサポートが甘かったりするなど動きづらいというデメリットがあります。

その点、スポーツブラであれば、「肩ひもが落ちる」「ホックが外れる」といったこともありません。バストをしっかりとサポートしてくれて揺れを防ぐので、快適に運動することができるでしょう。また、スポーツブラの素材は、通気性が良く軽いものが多いので、汗をかいても不快感がなく、洗濯をしてもすぐに乾かすことができます。

例えば、「ナイキ(NIKE) スポーツブラ ブラトップ ナイキ ウィメンズ MED パッド ブラ BV3637-100」は、取り外し可能なパットがバストのキープ力を高めて、しっかりサポートしてくれます。

ナイキ(NIKE) スポーツブラ ブラトップ ナイキ ウィメンズ MED パッド ブラ BV3637-100

ナイキ(NIKE) スポーツブラ ブラトップ ナイキ ウィメンズ MED パッド ブラ BV3637-100
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

レギンス・ヨガパンツ

ヨガのボトムはさまざまな種類があります。バルーン型のパンツやハーフパンツ、ショートパンツ、ガウチョパンツ、レギンスなどもよく見られます。

特にレギンスは、体のラインがわかりやすく、きちんとポーズができているかチェックしやすいという利点があります。伸縮性が高いものが多いので、開脚や前屈といった動作を妨げられることなく行うことができます。

また、パンツを選ぶ際には生地の厚さも気にしたほうがいいでしょう。下着の線や色などが透けない程度の厚みのあるものがおすすめです。カラーは、濃い色を選ぶとすっきりと見えて、下着の色透けなども気にしなくて良いでしょう。例えば、「ビジョンピークス(VISIONPEAKS) ロングタイツ レギンス VP171119I02」は、透けにくく、吸水力と速乾力があり、肌に汗を残さないという特徴があります。UPF50+をクリアしているので、野外でヨガを行うときにも紫外線からも守ってくれるでしょう。

ビジョンピークス(VISIONPEAKS)ロングタイツ レギンス VP171119I02

ビジョンピークス(VISIONPEAKS)ロングタイツ レギンス VP171119I02
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

ヨガのトップス・Tシャツ

ヨガをする際には、ダボダボのTシャツではなく体にフィットするものを選ぶことが大切です。ダボダボのトップスを選択すると、襟や裾がまくれてしまい、ヨガの動きの妨げになります。例えば、上半身を低くするようなポーズや、背中からつま先までを高く上げるようなポーズをしたときに、ダボダボの服を着ていると大きくまくれてしまい、ヨガのポーズどころではなくなるでしょう。そのため、ヨガをする際にはしっかりとフィットしたものがおすすめです。

ナイキ(NIKE) ウィメンズタンクトップ ヨガ CQ8843-491

ナイキ(NIKE) ウィメンズタンクトップ ヨガ CQ8843-491
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

トップスとしては、カップつきのノースリーブや、スポーツブラも人気です。1枚だけで着るのではなく、キャミソールとスポーツブラをコーディネートしても良いでしょう。

メンズ・レディースのヨガウェア基本コーディーネートセット

ここでは、基本的なヨガウェアのコーディネート例をご紹介します。

スポーツブラ×レギンス

女性のヨガスタイルとして定番コーディネートの一つです。体のラインを把握できるので、ヨガのポーズがしっかりとできているかを確認しやすいでしょう。ポーズを丁寧に確認したい難易度の高いヨガにもおすすめです。

カップ付きキャミソール×ゆるめのヨガパンツ

「スポーツブラだと少し恥ずかしい」という方におすすめのコーディネートです。キャミソールではなく、スポーツブラにタンクトップの重ね着スタイルでも構いません。ヨガパンツがゆったりしているので体のラインが見えすぎるのが嫌という方にもおすすめです。

Tシャツ×レギンス×ショートパンツ

男女を問わずおすすめのコーディネート。レギンスのぴったりとした感じが苦手な方におすすめです。トップスはTシャツやキャミソールなど自由に組み合わせるとよいでしょう。

ヨガウェアの選び方ポイント3点と、ホットヨガの注意点

ここでは、ヨガウェアの選び方のポイント、ホットヨガの注意点をご紹介します。

動きやすく、フィットするデザインとサイズ

ダイエット目的のヨガや、本格派のヨガをやりたいときは、動きやすくフィットするデザインとサイズのものを選びましょう。

また、伸縮性のあるものが良いでしょう。ヨガは、体を伸ばしたり曲げたりすることが多いので、その動きを妨げないものを選ぶのがポイントです。あぐらがかけるか、肩・腰などがスムーズに動くかなどをチェックしてみてください。

一方、リラックスすることを目的としたヨガの場合には、必ずしも体にピッタリとフィットしている必要はありません。多少緩めのウェアでも快適にヨガをすることが可能です。自分がどのようなヨガをしたいのかも念頭に入れて選ぶようにしましょう。

シンプルなデザイン

ヨガウェアは、フードや余計な飾りのないシンプルなデザインのもののほうが適しています。ヨガではさまざまな動きをするため、例えば、仰向けや前屈などのポーズをする場合に、フードがあると邪魔になることが多いのです。

さらに、長めのひもがついている場合も、動いているときに気になってしまいます。ヨガウェアは余計な装飾のないシンプルなものがおすすめです。

静電気や摩擦音が出ない、気持ちの良い素材

静電気が発生して体にまとわりつくと気持ちのいいものではありません。静電気が発生しにくい素材のものを選ぶといいでしょう。

また、こすれることで音が出るような素材のものはおすすめできません。ヨガは気持ちをリラックスさせて行うものです。衣服同士がこすれて音がすると、せっかくの静かな時間をじゃましてしまいます。

ホットヨガの服装の注意点

ホットヨガにチャレンジする場合は、速乾性のあるウェアがおすすめです。もちろん、通常のヨガでも汗をかくので速乾性は重要ですが、ホットヨガは室温36~39度、湿度60~70%の環境で行うため、通常のヨガよりもさらに汗をかきやすくなります。汗が渇くのが遅い素材の場合、肌に張り付いて動きづらくなってしまうかもしれません。そのため、特に速乾性のあるヨガウェアを選ぶことが必要です。

また、湿度が高いと気持ち悪くなりやすい方もいるので、心配ならば普通のヨガよりも通気性があり、あまり体を締め付けないタイプのウェアを選ぶといいでしょう。さらに、下着がとても透けやすくなるので、白いTシャツは避け、スポーツブラを着用することをおすすめします。

おすすめのヨガウェアアイテムと人気ブランド

ここからは、おすすめのヨガウェアアイテムと人気ブランドをご紹介します。

専用ヨガウェアより安い!スポーツブランド(ナイキなど)のウェア

ナイキ(NIKE)ノースリーブシャツ ウィメンズタンクトップ ヨガ CQ8843-664

ストラップ付デザインのタンクトップです。リブ素材に、速乾性に優れたDri-FITテクノロジーを搭載しているので、さらりとした着心地の中で快適にヨガのポーズをとることができます。

ナイキ(NIKE)ノースリーブシャツ ウィメンズタンクトップ ヨガ CQ8843-664
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

ナイキ(NIKE)ノースリーブシャツ DRY ソフトウォッシュ ヨガタンク CK2432-010

速乾性が高くやわらかなコットン混紡素材のノースリーブタイプのヨガウェアです。アームホールも広く通気性があります。カラフルなスポーツブラと合わせて、ワンポイントとしてちらりと見せるのもおしゃれです。

ナイキ(NIKE)ノースリーブシャツ DRY ソフトウォッシュ ヨガタンク CK2432-010
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

ナイキ(NIKE)ロングタイツ ウィメンズ ヨガ RUCHE 7/8 タイツ CJ3684-010

シンプルなブラックカラーのタイツです。伸縮性が高く、速乾性に優れています。ハイウエストデザインは、下半身をしっかりとサポートしてくれ、最初のポーズから最後のポーズまで快適に動作を続けることができるでしょう。

ナイキ(NIKE)ロングタイツ ウィメンズ ヨガ RUCHE 7/8 タイツ CJ3684-010
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

メンズのヨガウェアアイテム

アシックス(asics)スポーツウェア 半袖 OPショートスリーブトップ 2031A664

優れた吸汗速乾性を持ち、汗をかいても乾きやすく、さらりと着ることができるでしょう。落ち着いたデザインが多いので、普段使いにも最適です。

アシックス(asics)スポーツウェア 半袖 OPショートスリーブトップ 2031A664
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

ビジョンクエスト(VISION QUEST)スポーツウェアパンツ トレーニングジョガーパンツ VQ441402I03

ジョガーパンツですが、汗を素早く吸水発散して肌に汗を残さない特性があることから、ジョギングだけではなくヨガを含むさまざまなスポーツに利用できます。サイズもS~XOの5サイズあるので、体型に合わせてぴったりのものを選べるでしょう。

ビジョンクエスト(VISION QUEST)スポーツウェアパンツ トレーニングジョガーパンツ VQ441402I03
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

スパッツィオ(SPAZIO)サルエルパンツ 3/4サルエルパンツ GE-0595 4d

ポリエステル素材のサルエルパンツです。丈が短いので動きやすく、ヨガのさまざまなポーズに対応できます。カラーはネイビーのみですが、シンプルなデザインでシーンを問わず利用できるでしょう。

ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

おすすめのヨガファッションアイテム

ナイキ(NIKE) ヘアバンド BN2018

髪の毛が長い場合、ヘアゴムなどを使ってまとめたほうがヨガのポーズや動作がしやすくなります。鮮やかなカラーのヘアゴムなので、おしゃれなワンポイントとしてもおすすめ。

ナイキ(NIKE) アクセサリー ヘアバンド BN2018
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

アンドライフ(&life)ヘアバンド AL451120I062

長い髪をまとめるためのヘアバンドです。ポリエステルとポリウレタン製。頭部にかいた汗をしっかりと吸って、快適な状態を保ってくれるでしょう。

アンドライフ(&life)ヘアバンド AL451120I062
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

ルコック(le coq sportif)トートバッグ ミニトートバッグ QMCNJA45MA

ヨガのウェアやアイテムを持ち歩くのにも便利なトートバッグ。淡いピンクがかわいらしく、ヨガだけではなく普段のちょっとしたおでかけにも使いたくなりますね。

ルコック(le coq sportif)トートバッグ ミニトートバッグ QMCNJA45MA
ヒマラヤオンラインでこの商品を見る

まとめ

ヨガウェアは、特に専用のものを購入しなくても、手持ちのスポーツウェアなどで代用できます。しかし、ヨガに特化しているウェアは、動きやすく汗もしっかりと吸水して乾かしてくれるので、続けられそうであれば、専用のものをそろえたほうが良いでしょう。今回ご紹介したようなヨガウェアを選ぶ際のポイントや、おすすめのコーディネートを参考にして、自分にぴったりと合ったヨガウェアを探してみましょう。

関連記事