ジムやランニングに!トレーニングで着るウェアの選び方と、おすすめのウェアとは?

ナイキ トレーニング

健康やダイエットのために運動を始めたり、身体を鍛えたり。トレーニングをする方にとって最初に必要なものはトレーニングウェア。
スタイリッシュなデザインに思わず気をとられがちですが、好みだけで選んでいると、トレーニングをしたときに「思っていたのと違う…!」なんてことも多々あります。
そうならないためにも、ここではトレーニングで着るウェアを選ぶ際のポイントについて詳しくご紹介いたします。

トレーニングで着るウェアは何を基準に選べばいい?

トレーニングウェアを選ぶからには見た目だけにこだわらず、機能性やサイズも重視していくことが快適なトレーニングを実現することにつながります。自分に合ったウェアを選ぶうえで押さえておきたいポイントをご紹介します。

吸水性・速乾性

運動をしていると必ず汗をかいてきますよね。汗が肌にまとわりついていると、ベタベタしてしまってトレーニングに集中できなかったり、汗が冷えてしまった時には身体が寒く感じたりしてしまいます。
吸水性・速乾性に優れたウェアなら素早く汗を処理できるため、気持ちよく運動をすることができます。

収縮性・フィット感

身体を大きく動かしたり、激しい運動をしたりする際には身体を動かしやすい素材のウェアを選ぶようにしましょう。
トレーニングウェアはコンプレッションウェアのような身体に密着して動きなどをサポートしてくれるタイプものから、ゆったりと楽な着心地のタイプのものまでさまざまです。
負荷のかかるトレーニングの時はコンプレッションウェア、ストレッチや軽い運動の時にはゆったりとしたもの、など用途に合わせて選ぶと良いでしょう。
もちろん、見た目の好みで選ぶのもトレーニングの気持ちを高めてくれますので一つの方法です。
また、いくらウェアの機能性が優れていても、自分の身体のサイズに合っていなければ、かえってトレーニングの妨げとなってしまいます。
身体にフィットしたものを選ぶことで、ストレスを感じることなく、自分の思い通りに身体を動かせます。

通気性・温度調整

季節や天候によってトレーニングウェアの選び方はずいぶん変わってきます。単純に半袖から長袖と衣替えするだけでなく、体温調整の機能が備わったものを選ぶのも大切なポイント。
春夏には高通気性でクール機能搭載のウェアで熱中症対策や、秋冬には保温性の高い素材などで低体温症を防ぐなど、快適なだけでなく未然に事故を防ぐ役割も果たしてくれます。
雪山にでも行かない限り低体温症になんてならないと思うべからずです。
夏場でもシーンによっては汗冷えが意外にも起こりやすいので、長時間運動をする場合はウェアの着替えをもうひとつ用意しておくのも良いでしょう。

見た目・デザイン

トレーニングウェアには機能性を重視することは言うまでもありませんが、やはりおしゃれな要素も取り入れたいところ。
自分好みのデザインのウェアを着ることで、トレーニングに対するモチベーションが上がります。継続は力なりといいますが、好みのウェアで毎日楽しくトレーニングを続けることができれば、レベルアップにもつながるでしょう。

トレーニング別!トレーニングウェアを選ぶポイント

トレーニングウェアには、それぞれの用途に応じたウェアを着用するのが基本です。同じトレーニングウェアであっても、運動の種類によっては適していないことがあるため、ここ最近人気の2つのスポーツにわけてウェア選びのポイントを説明していきます。

ヨガ

ヨガ
ヨガは深い呼吸に合わせて身体を動かすため、自分の身体のラインに合ったものを選ぶのがおすすめです。
小さいサイズや締め付け感のあるウェアとなると、動きが制限されたり、思うように手足を伸ばせなかったりすることがあります。

自分にとってちょうど着心地の良いウェアを着るのが理想的です。
ヨガには前かがみのポーズや頭を下向きにするポーズが多くあるので、胸元が開いたり、裾がめくり上がってお腹が見えたりしてしまって、ポーズに集中できないことがあります。
トップスはスポーツブラかカップ付きのトップスのように袖のないもの、裾が長すぎないものを選んでおくようにしましょう。

ボトムスには股関節の動きを制限しないようなものがおすすめ。脚を上げたり、大きく広げたりするポーズがあるため、伸縮性に優れた素材やデザインを選ぶと、股関節周りが動かしやすくなります。
レギンスのように優しく下半身にフィットするものや、締め付け感の少ないサルエルパンツが最適です。

また、一口にヨガといっても、リラックス系のものから動きが激しいものもあり、それぞれに適したトレーニングウェアがあります。
ゆっくりとした動きの多いリラックス系のヨガであれば、全体的にゆとりのあるトレーニングウェアが向いています。
逆に激しい動きが多いヨガには、伸縮性に優れ、身体にフィットしたウェアを選びましょう。

ホットヨガのように汗を多くかくヨガの場合は、速乾性や通気性に優れた素材がおすすめです。汗をかいてもすぐに吸収してくれるので、不快感を気にせず、ヨガに集中できます。

ランニング


ランニング
数ある運動の中でも割と気軽にスタートできるのがランニング。最初はジャージでという人もいるでしょう。しかし、そこからさらにトレーニングウェアにこだわれば、ランニングのパフォーマンスをより効果的に高めてくれます。
ランニングは足を重点的に動かすトレーニングであるため、足の動きを妨げないような素材やデザインを選ぶのがポイントです。

ボトムスには短パンやスポーツ用タイツを履くのがベスト。運動時の筋肉の揺れをサポートしてくれるメリットがあり、ストレスも軽減してくれます。
機能性に優れたものが多いため、用途に合わせて機能やフィット感を選ぶと効果的です。 軽いランニング程度であればレギンスで脚を保護するのも良いでしょう。

トップスには吸水性と速乾性に優れた素材を選びましょう。ランニング中にかいた汗を素早く吸いこみ外へ放出し、肌へのベタつきを防いでくれます。
冬場は寒い風が吹いてくるため、アウターとしてウインドブレーカーやナイロンパーカーを着ておくようにしましょう。走っている時はコンパクトにたためるタイプが便利です。

ナイキでチョイス!おすすめの春夏向けコーディネート

ヨガでもリラックス系から激しい動きのものまで種類はあるとは言え、大きく分ければヨガは主に室内で、ランニングは主にアウトドアで行うトレーニングであり、この2つは静と動の相反する動きと捉えることができ、ウェア選びにも違いが出でてくることをご説明しました。
引き続きこの2つのトレーニングに分けて、おすすめのトレーニングウェアをナイキに絞ってコーディネートしてみましょう。

ヨガ 【レディース】

MED パッド ブラ BV3637-084

ミディアムインパクトのパッド入りブラ。圧縮素材を採用しており、取り外し可能なパッドがキープ力を高め、運動中も快適です。レーサーバックのデザインは、頑張りが必要なときもナチュラルに動けます。ホットヨガならトップスはこれひとつでもOK。

タンクトップ ヨガ CQ8843-491

スタジオで快適に過ごせるストラップ付きタンクトップ。軽くてきめの細かいリブ素材で速乾性に優れ、最初のストレッチから最後のポーズまで、さらりとした着心地を保ちながら自然な動きをサポートします。

レギンス オールイン タイツ

24時間365日のスタイルと快適さで、女性用トレーニングタイツのスーパーヒーローと称されています。ワークアウト時だけでなく、1日中身に着けていられるような軽い履き心地は、どんなポーズにも柔軟に対応してくれるでしょう。

ヨガ 【メンズ】

ワンポイント機能ノースリーブシャツ

アジアンフィットでずれにくいと高評価を得ているシャツです。ノースリーブで 涼しく快適な着心地に加えて、肩回りに広い可動域を得られるので、さまざまなヨガポーズをストレスフリーで決めることができるでしょう。Dri-FITテクノロジーが肌の表面から汗を逃がし、トレーニング中もさらりと快適な状態が持続します。

ドライ フィット ショート 5.0 CJ2008-068

トレーニングのための速乾性に優れたショートパンツ。ウォームアップからクールダウンまで、体をドライで快適に保ちます。調整可能で伸縮性のあるウエストバンド。Dri-FITテクノロジーが肌の表面から汗を逃がしてすばやく蒸発させ、さらりと快適な着心地をキープするため、集中力が持続できるでしょう。

ランニング 【レディース】

MED ノン パッド フューチュラ ブラ BV3644-623

女性の胸をランニング時の揺れから守ることはスポーツブラの重要な役割のひとつで、ミディアムサポート以上のものから選ぶことをおすすめします。このブラは圧着感のある素材に速乾テクノロジーをプラスした快適な着用感があります。

半袖Tシャツ マイラー

ランにおいてのトップスは半そでを選んでおけばまずは間違いないでしょう。年間通してユーズフルに扱えます。夏場はクールタイプのアームカバーをプラスして紫外線カット、冬場はウォームカバーを加えることで保温性を加えることができるからです。マイラーのTシャツはどこまでも走れる速乾性のあるランニングギアで、要所にメッシュ素材を配置して快適な着心地を実現しています。
長めの後ろ身頃と、ヒップをカバーするフロントヘムで 美しいシルエットと自由な動きを実現しているのも女性にとっては嬉しいポイント。

パワー スピード 7/8 CL タイツ

ランニングに最適なタイツで、洗練された軽量デザインが身体をカバーし、スピードを最大限に高めてくれます。
Nike Power素材が伸縮性とサポート力を、Dri-FITテクノロジーが抜群の速乾性を提供。 ゴールまで快適な付け心地が持続します。
ヨガでご紹介したタイツと比べて股上が浅く、お腹まわりの圧迫感が少ないタイプのタイツです。
股上の違いで見た目も変わり、コーディネートにも違いが生まれますので、フィット感とともにお好みのタイプのものを選ぶと良いでしょう。

ランニング 【メンズ】

ブリーズ ラン ウィンドランナー プルオーバー G CJ5387-010 6j

ランニング中も優れた通気性とカバー力を発揮。速乾性に優れた素材とメッシュのバックパネルで通気性を確保しながらカバー力を提供。ランがヒートアップしても、さらりと涼しい状態をキープします。

ウィンドランナー BF プルオーバー 7インチ ショート CK0460-010 6j

通気性に優れた素材がランニング中も涼しく快適な着用感をキープするショートパンツです。軽量性と通気性に優れたデザイン、100%リサイクルのウーブン素材は軽量で快適です。また、Dri-FITテクノロジーのメッシュ裏地がさらりと快適な状態と集中力をキープします。

まとめ

今回は数あるトレーニングウェアの中でも、静と動の動きに着目し、一例としてヨガとランに絞ってウェアをご紹介しました。この静動の2分類は、室内でのトレーニングとアウトドアシーンにおけるウェアの使い分けのヒントにも繋がると思います。

トレーニングをより快適に、そして楽しく!
ここでご紹介したウェアがあなたのトレーニングウェア選びのヒントになれば幸いです。

関連記事