雪や雨など足元の悪い日でもおしゃれで安全に!スノーブーツの魅力と選び方

スノーブーツ

防寒、防水に加えて、足場の悪い環境でも、滑らずにしっかり路面を踏みしめるのに効果を発揮するスノーブーツ。極寒地やアウトドアシーンで重宝されていたスノーブーツですが、最近ではその機能性に加えて、スタイリッシュなアイテムが登場したことで普段使いとしても利用されています。最近、スノーブーツに興味が湧いた方、アウトドア使用ではなく、普段使いとして2足目を探している方などに向けて、ここではスノーブーツの選び方、おすすめのブランドをご紹介します。

スノーブーツと他のブーツの違いとは

最近ではスタイリッシュで普段のコーディネートに合わせやすいスノーブーツも登場していることからなおさら、普通のブーツとスノーブーツの明確な違いがわからないという方が増えてきているようです。そこでまずは、スノーブーツとレインブーツ(長履)など他のブーツとの違いをご紹介し、あらためてその魅力に近づいてみたいと思います。

スノーブーツの特徴

スノーブーツとはその名の通り、雪山、雪道専用のブーツで、ブランドや型番に関係なくすべてに共通している特徴として下記の3点が挙げられます。

優れた保温性で足元を暖かく保ってくれる

極寒地対応ということで足元を暖かく保ってくれる仕様になっている点は、スノーブーツが他のブーツと大きく違う点。インナー素材にはフリースやボア、起毛、ダウン素材、ブランドオリジナルの素材などが用いられています。

高い保温性を保つ一方、街履きする場合に気をつけておきたいのが通気性。長時間歩くと蒸れから足が臭くなってしまう可能性があります。そこで普段使い用のスノーブーツの中には中敷きに通気性に優れる素材、機構を採用しているものもあるので、気になる人は商品選びの際にあわせて確認してみてください。

ソール(靴底)が雪や氷の上でも滑りづらい機構となっている

もとは厳しい雪山などでの使用も想定しているため、濡れた氷の上や雪上で滑らず、路面をしっかりグリップして転倒などを防いでくれます。プロ仕様ともなると、樹脂や金属製のスパイクが埋め込まれており、このスパイク部分が冷たさによって硬くなり、しっかりと雪を捉えて歩きやすくなるよう設計されています。

防水・撥水機能を備えている

用いられる素材や技術は違うが、やはりすべてのスノーブーツに共通している特徴が「防水」と「撥水」で、いずれも利用されるシーンを考えて高い性能を兼ね備えています。なお「防水」とは水を通さない加工で、「撥水」とは水をはじく加工です。各商品で、防水に優れる、とか強い撥水力を持つなど重視している特徴が違ったりするので、この2つの加工の違いはぜひ、覚えておいてください。

ちなみに類似するものとしてレインブーツ(長靴)とよく比較されますが、簡単に言えば一般に防水や撥水に特化したレインブーツ、足元の保温や雪山などでのグリップ力を重視したスノーブーツなどと言われていました。しかし、最近では各ブランドから、双方の特徴や機能を兼ね備えた商品も登場してきており、明確な違いは言い表せないのが現状です。

スノーブーツを選ぶコツは?

スノーブーツの魅力を知っていただいた後は、お気に入りの一足、役に立つ一足を見つけていただくための、選定のコツをお伝えします。豊富なラインナップの中から、予算だけでなく、自分にあった一足を選ぶことが長く利用するためのポイントです。

どんなシーンで利用するのか

大前提となるのが利用シーン。大別するだけでも3つのシーンが挙げられます。

  • 1 雪山などでのアウトドア仕様。寒冷地での普段使い
  • 2 寒冷地外での雨や雪の日での使用(レインブーツに近い使い方)
  • 3 高いファッション性を活かした冬場などでの普段使い(寒冷地などを除く)

街履きでの利用を想定しているスノーブーツにも、「高い保温性」「確実なグリップ力」「防水・撥水機能」は実装されていますが、やはりプロ仕様のものとはその精度の高さが違います。特に2,3のシーンで利用するなら、これらの機能についてはそれほど重要視する必要はないかもしれません。一方で長く飽きずに履けること、カジュアル・セミフォーマルいずれのファッションにも対応できることなど、デザインの柔軟性や多様性などを考慮して選ぶと良いでしょう。

1での利用を想定しているのであれば、どんな条件下なのか、どれくらいの頻度で利用するのかなどを専門家(取扱背紋店のスタッフなど)に伝えて、選んでももらうのが確実です。

防寒性、防水性を比較する

スノーブーツの代名詞でもある防寒性と防水性については、各ブランドで新技術や新素材が発明されています。防寒性について一例を挙げれば、一般的に用いられるボアやニットのほかに、体から発生する熱を反射させることで効率的に足元を保温する「オムニヒート」や、靴内の適温に調整する機能を持つ「アウトラスト」などの新素材が挙げられます。

「防水」について気をつけておきたいポイントは「完全防水」と「日常生活防水」の2種類の違い。「完全防水」は文字通り、川の中でも水が染み込まないほど高い防水レベルを誇る一方で、やや蒸れやすい傾向にあります。「日常生活防水」は雨や水溜まり程度であれば問題なく使えるものの、防水レベルで「完全防水」にやや劣りますが、蒸れにくいのが魅力です。

なお、撥水効果は各ブランド、商品で多少の差はあっても、基本的に効果が徐々に薄れていくものなので注意しておきましょう。

歩きやすさはどうか

歩きやすさはスノーブーツに関わらず靴選びで重要な要素ですが、特にスノーブーツを選ぶ際に気をつけておきたいポイントは3点です。

ソール形状やグリップ力

雪山など足元の厳しい道を歩く場合、滑りにくいという点は必要不可欠。独自の素材などを採用しているブランドもありますが、基本として滑りにくく耐久性も高い「ラバーソール」を用いているものがおすすめです。さらに、路面が凍結している寒冷地などではソールに金属や樹脂のスパイクが埋め込まれているものを選ぶのがベターです。

ソールの形状は各ブランドで異なりますが、一般的に溝が深いものがグリップ力に優れます。ただし、街履きする際などは溝に砂利や小石などが詰まる恐れがあるので要注意です。

耐久性や重量

降雪地などではブーツの損傷が命の危険を生む可能性もあるため、多少重量があったとしても重厚なもののほうが良いでしょう。さらに、高く積もった雪が靴の中に入らないようブーツ丈は長いほうがおすすめです。

一方で街履きの場合、軽量なもののほうが長時間歩いても足の負担を抑えられます。

履き心地の良さ

歩きやすさには、履き心地の良さも含まれます。各ブランドで靴の内部構造を独自で設計し、軽量性やクッション性など足への負担を軽減しているもの、保温性や防水など不快感を軽減するものなどそれぞれ様々な角度から履き心地を追求しています。

ここで重要になってくるのが利用シーンで、アウトドアや寒冷地での使用、タウンユースなどどちらで使うのかにより、重視する履き心地が変わります。自分がどちらのシーンで利用するのかを考え、重視すべき履き心地を選んでみてください。

コーディネートしやすいデザインか

ここまでスノーブーツの機能性に特化して紹介してきましたが、普段使いであれば外せないのがデザイン性。ひと昔と異なり機能性とデザイン性が反比例するようなことは少なくなってきており、各ブランドが個性的なデザインのものを発売しています。なかには、インソールが内蔵されており、足長効果が期待できるもの、細のみのシルエットで様々なファッションに合わせやすいものまで登場しています。

スノーブーツの場合、シーンで選ぶというより、突然の雪や大雨、冬場など回避不能な天候、環境に左右されるアイテムなので、普段の自分のファッションと相性の良いもの、合わせてみて違和感のないシンプルなデザインなどのものをおすすめします。

知っておきたい 定番のスノーブーツブランド

初めてスノーブーツを購入するときには、やはり機能性やデザイン性の優れた人気ブランドから商品選びをするのがおすすめです。今回は、当サイトの中でも人気の高い11の定番スノーブーツブランドをご紹介していきたいと思います。

キーン

キーン(KEEN)は、アメリカのアウトドアシューズブランドです。この会社では、完全防水でありながら高い透湿性をもたせたKEEN.DRYや、低温時の硬化により固まった雪にもしっかり食い込めるKEEN.DCRといった多くの靴専用技術を独自開発しています。

オーケン 防水 ウィンターブーツ 1017643

クラシカルなダックブーツデザインに、KEENならではの機能をブレンドしたバルカナイズドウィンターブーツ。KEENのコンフォート機能に保温機能をプラス、冬を快適に過ごすためのスタイリッシュなモデル。コストパフォーマンスに優れたシームテープ防水モデル。

オーケン 防水 ウィンターブーツ 1017643

モンベル

日本のアウトドア総合メーカーです。この会社で作っている雪道対応の靴には、街歩きや雪遊びに使えるスノーブーツと、本格的な山歩きに適した全天候型の登山靴の2タイプがあります。

ラップランドブーツ

低山ハイクからキャンプまで、幅広いシーンで使える全天候型のシューズです。アッパーには、世界最高レベルの防水透湿性で知られるゴアテックスの素材が使われています。このぐらいの機能があれば、雪が降り始めたばかりの初冬のアウトドアシーンも十分に対応できることでしょう。

ラップランドブーツ

ノースフェイス

本格的な登山用具からカジュアルウェアまで取り扱う、アメリカのアウトドアメーカーです。ファッション性も非常に高いノースフェイスのブーツは、雪の少ない地域の街歩きや、寒冷地の旅行などにもマッチしやすいデザインとなっています。

ヌプシブーティーウールV

デニムなどとの相性も良い、撥水加工圧縮ウールを使ったスノーブーツです。完全防水ではありませんが、氷の上で高いグリップ力を発揮するビブラム アイストレックなどの技術が備わっています。

ヌプシブーティーウールV

クロックス

樹脂製の可愛らしいサンダルで知られるクロックスも、スノーブーツやウィンターブーツが充実しています。本格的なアウトドアブランドと比べると、街歩きや雪遊びに適した商品が多いです。

クロックバンド ウィンターブーツ

お手頃価格で購入できる、人気のスノーブーツです。アウトソールにはラバー素材も使われており、頑丈かつ滑りにくい商品となっています。柔らかく温かなライナーも付いているため、歩きやすさも抜群です。(※写真はガールズ向けのモデルです)

クロックバンド ウィンターブーツ

ソレル

カナダの極寒の地で誕生した、本格的なスノーブーツのブランドです。SORELが世界に先駆けて導入した着脱可能なフェルトライニングやレザーアッパーにラバーボトムといったコンビネーションは、誕生から50年以上経った現在でもウィンターブーツのスタンダードとして、様々なメーカーで再現されています。

ウィンターカーニバル

-32℃まで耐えられる、本格的なスノーブーツです。SORELのラインナップにおいて、ウィンターカーニバルはどちらかと言えばタウンユースに適したモデルとなります。本格仕様のカリブーと比べても、片足624gと非常に軽量です。

ウィンターカーニバル

コロンビア

ノースフェイスと同じ、ゴールドウィンという会社で国内販売されているブランドです。米国オレゴン生まれのコロンビアのスノーブーツには、防寒や防水といったアウトソールメーカーならではの独自技術が詰まっています。

ミンクス スリップ3

保温性と防水性を兼ね備えた、タウンユース向けのスノーブーツです。独自技術・オムニヒートの熱反射機能によって、足元が効果的に温かくなります。

ミンクス スリップ3

メレル

アメリカのミシガン州に本社を置くメレルは、軽量アウトドアシューズの人気ブランドです。名高い靴職人を招いたこのメーカーの商品には、足場の悪いアウトドアでも安心して歩ける機能性だけでなく、若い世代でも選びやすいデザイン性の高さも備わっています。

トレッキングシューズ モアブ2

モアブは、メレルを代表する人気シリーズです。写真はスタンダードなゴアテックスの搭載モデルとなりますが、冬には高いグリップ力を誇るアークティックグリップが備わった高機能のスノーブーツも登場させています。

トレッキングシューズ モアブ2

キャラバン

キャラバンは、日本初の登山靴ブランドです。「軽くて、履きやすくて、歩きやすい」というこのメーカーの考え方は、寒冷地で活躍するスノーブーツの開発にも活かされています。

スノーブーツ SHC_31W

耐摩耗性に優れたポリエステルとナイロンの混紡素材を使った、シンプルで履きやすいスノーブーツです。湿った雪やみぞれなども弾ける材質となっているため、初冬のデイリーユースにもおすすめのモデルとなります。

スノーブーツ SHC_31W

ビジョンピークス

アウトドアの専門家や愛好家によるこだわりの開発で生まれた、コストパフォーマンスの高いブランドです。大半の靴が5,000円前後で購入できるビジョンピークスは、旅行やレジャーで1~2日履けるスノーブーツを探す方々にも、おすすめとなります。

ショートブーツ スノーブーツ 8VP130501-S

シリーズ累計6万足を売り上げた、人気のスノーブーツです。水深5cm程度まで完全防水となっているため、積雪の少ない時期のお出かけにも最適な商品となります。

ショートブーツ スノーブーツ 8VP130501-S

プーキーズ

キッズ向けの可愛らしいシューズブランドです。スノーブーツやマリンシューズといった機能性の高い商品が充実しています。1足2,000円前後で購入できるため、成長の著しいお子さんのウィンターブーツを安く買いたいママの間でも注目度の高いブランドです。

スノーブーツ PK-EB510N

あったかボアで足が冷たくならないブーツです。滑り止め機能も備わっているため、道路が凍結する早朝の通学用にも最適です。ボアインナーを取り外すと、レインブーツとしてオールシーズン着用可能となります。

スノーブーツ PK-EB510N

アルバートル

大半の商品が5,000円以下で買えるアルバートルは、お試し感覚で購入できるスノーブーツブランドです。コストパフォーマンスが非常に良いこのメーカーでは、お手頃価格で購入できるスノーブーツ以外の商品にも、透湿・防水素材を使っています。

スノーブーツ ショートブーツ AL-WP1800

スタンダードなナイロン地のほかに、チェック柄やデニム地もラインナップされた非常にお洒落なスノーブーツです。1足3,000円ほどで購入できるこのモデルは、冬休みの帰省やスキー旅行といった短期的な着用目的におすすめです。

スノーブーツ ショートブーツ AL-WP1800

男女別 スノーブーツを使ったコーディネートはどうすれば良い?

次は、スノーブーツ選びにも大きく関係する、お洒落コーディネートのポイントをわかりやすく説明していきたいと思います。

スノーブーツを履きこなすためのコツは?

スノーブーツをお洒落に履きこなすためには、ブランドや機能性だけにとらわれず、使うシーンや自分の持っているボトムスとの相性を見て買い物をするのが理想です。実店舗で試着をするときには、着用頻度の高いパンツやスカートで出かけたほうが、全身のコーディネートもイメージしやすくなります。

レディースでおすすめのコーディネート

女性らしいコーディネートには、ショートブーツではなく、それなりに丈(高さ)のあるスノーブーツがおすすめです。こうした商品を購入すると、特に小物にこだわらなくても簡単にパンツやスカートと組み合わせやすくなります。

ブーツのカラーとボトムの色をリンクさせると統一感アップ

スノーブーツを自然に履きこなすには、色選びにも注意が必要です。例えば、1足のブーツを毎日履く場合、紺デニムやタイツなどとの相性が良い黒などのスノーブーツを選ぶのがおすすめです。
一方、ゲレンデや子供たちとの雪遊びといったレジャー目的だけでスノーブーツを買うときには、スキーウェアやスノボウェアと相性の良い少し奇抜な色を選んでみても良いでしょう。

シンプルコーデとあわせてアクセントに

普通の靴と比べてボリュームが大きく、少し個性的なデザインになりがちなスノーブーツは、柄のないシンプルな服装と組み合わせるのがおすすめです。例えば、SORELの定番・カリブーと柄物のパンツをコーディネートすると、スノーブーツらしい重厚感が薄れてしまいます。
そのため、せっかく購入したスノーブーツのデザインを上手に主張させるには、なるべくボトムスは無地のネイビーや黒でまとめるのが理想となるでしょう。

靴下で遊ぶとこなれ感アップ

地味な印象になりやすい黒のスノーブーツを履くときには、柄物の靴下でこなれ感を出してみましょう。例えば、コーディネートの難しいショートブーツにスキニーパンツやスカートを合わせる場合、そこにドットやボーダーの柄物靴下をプラスすることで、丈長ブーツを履いているような印象に仕上げられます。

メンズでおすすめのコーディネート

男性のスノーブーツでおすすめなのは、あえて少しゴツめの靴とストレートの中太デニムなどを組み合わせるコーデです。例えば、女性にとっては少しボリュームが大きい印象を受けやすいKEENのウィンターポートやSORELのカリブーも、男性であれば普段使いのパンツとセットで自然に履きこなせると思います。

コーディネート全体を細身シルエットにする

スッキリとした印象に仕上げたいときには、スキニーパンツやタイツを合わせる女性と同じように細身シルエットを目指してみましょう。全般的にカジュアルな商品の多いスノーブーツを学校や会社に履いていくときには、ルーズさを感じさせないタイトな雰囲気にまとめ上げたほうが、周囲に好印象を与えやすくなると思います。

パンツ裾はブーツにインする

これは男性・女性ともに言えることですが、スノーブーツは基本的に「ブーツアウト」ではなく「ブーツイン」で履くことを前提とした商品です。その理由は、雪のあるところでブーツアウトにしていると、靴とズボンの間から入った雪が足を冷やしてしまうからとなります。
そのため、どんなに斬新でお洒落なコーディネートを思いついても、スノーブーツだけは必ずブーツインで履くようにしてください。

まとめ

スノーブーツは、雪国の通勤通学や、ゲレンデでの雪遊びなどに欠かせない靴の種類です。靴底のグリップ力や保温性、防水性といった機能の備わったスノーブーツには、真冬の寒さや足元が濡れてしまう問題を解消できる魅力があります。

様々なメーカーやブランドから発売されているスノーブーツを買うときには、実際に履くシーンなどをイメージした上で、重さや歩きやすさが自分に合っているかの確認が必要となります。また、せっかく購入したブーツを愛用するには、パンツやスカートといったボトムスとの相性やコーディネートも考えておくのが理想となるでしょう。お気に入りのスノーブーツを1足買うと、何かと憂鬱な真冬の暮らしも快適になると思います。